楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2018年05月07日

ルールに則したコースを作ってください。

東工大大会が終わりました。学生さんが公認大会を開くという意欲はすばらしいと思います。
一方、コースはルールに則しているかどうかという点で公認大会にふさわしいものではありませんでした。
そんなことをいうと公認大会をやってくれるクラブがなくなるといわれそうですが、だからといってルールを無視(もしくは軽視)したコース設定で、日本のオリエンテーリングをガラパゴス化していいというものではありません。特定に大会について話をすることは個人攻撃みたいで心苦しいのですが、これがJOAの周知の不徹底による結果であるのであれば、この場で皆さんに理解していただくことが大事だと思いますので書かせていただきます。
東工大のみなさんには全日本に合わせて公認大会を開いていただいたことには感謝していますし、特定した記事を書くことについては申し訳なく思います。

コース設定者は最低でも以下の文書をあらかじめ読んで理解してから行ってください。

1.コース設定の原則
 2.3にコース設定の大原則があります。このうち、2.3.1のオリエンテーリングの特性については多くの方が意識するでしょうが、スポーツとしては2.3.2、生涯スポーツとしてしては2.3.3のほうがはるかに大事です。
特に2.3.3は軽視されがちです。若い方は同コースを走るベテランの方のほうが遅いため、ベテランクラスの難度を下げがちです。 しかし、彼(彼女)らが遅いのは体力が落ちているからで、技術に関しては総じて経験値の高いベテランのほうがすぐれているこということ、難易度は21Aからは落とす必要がないことを頭においてください。もちろん体力的な負荷を年齢に応じて下げる必要があります。
登りについて最大は6%です。(また国際的には4%を超えないようにすべきということになっています)これは厳に守るようにしてください。それを超えて難しいコースにしようとする考えは厳に慎んでください。(ベテランクラスは安全確保のために4%以下になるように努力しましょう。)
若手の難易度については全日本の要項を参考にしてください。
2.競技規則及び関連規則類の運用に関するガイドライン
 各年代のウイニングが記されているので特別な理由がある場合以外はそれにしたがってコースを組んでください。
 ベテランクラスにおける相対速度が示されているので、それをもとにコース距離を決めることができます。のぼりがコントロールされていれば大きな間違いはありません。女子においては若干比率を下げる必要があります。これはガラパゴス化ではなくて、藪やのぼりが多いと男子との差が開くという調査があるからです。)今年の全日本では若干女子の比率を下げています。
IMG_1535.PNG
 競技規則ではクラスの統合は認められていますが、上記の比率を見れば慎重に行う必要があることは明白です。少なくともどの年代に合わせたウイニングかは明記すべきでしょう。
参加者の名前を見て距離を変更するのはやめてください。設楽選手が走るから他の参加者のために今回のマラソンは40qにしましょうなんてことはしないはずです。
3.競技規則及び関連規則類の運用に関するガイドライン(付表)
 各カテゴリのコースの特徴が書かれています。
 よりよく理解するにはIOFフットオリエンテーリング競技規則2017年版(日本語訳)を読んでください。こちらの方が詳しいです。
 スプリント、ミドル、ロング、リレーはウイニングが違うだけではありません。課題が異なります。テレインの広さだけでミドルにしようとか、ロングにしようとかは決められないのです。
 公認大会はいずれかのカテゴリにしなければいけないのですが、普通の大会に縛りはありませんので、どれにも当てはまらなければ単にポイントオリエンテーリング大会と表記するのが正しいやり方です。(技術的にはミドルテイストの長めのコースになっていますなんて表現でもいいでしょう。)

 すべてのコース設定者がこれらのことを順守してくだされば、日本全国どこで行ってもオリエンテーリングの課題の同一性を保つことができます。参加者は自分にとって適正なクラスを選ぶことができます。参加者の予想できない部分で、短か過ぎたり、簡単すぎるコースでがっかりさせたり、体力的にきつすぎる、難しすぎるコースで危険にさらすこともなくなります。クラス選択がギャンブルにならないようにしてください。

東工大大会の問題点を挙げておきます。(それぞれやむをえない理由があるかもしれませんので、単にルールおよびその根幹にある考えかたから見ての問題提起です。)
1.のぼりが多すぎる。
  多くのコースで6%越えが見られます。ただ耕作地をこえるところで大回りを強制されており、距離計算上はこの分は距離を足していいことになりますので、エリート以外は6%に収まるかもしれません。(全員が回らなければいけない部分は距離を足してよいのです)
2.ウイニングが規定と異なる。
 テレインが狭いため長いウイニングが取れないというのは理由になると思いますが、75分のコースが組めるのであれば、それより短いコースのウイニングは短くする必要はないと思えます。
3.クラスの統合が多すぎる
 十分な人数のいるクラスでも統合が行われています。エントリーリストではM55A16人、M60A7人、M65A10人となっており各クラス十分な人数がいます。これらのクラスをなぜ統合する必要があるのでしょうか? 参加者の楽しみを削らざる負えない理由とはなんだったのでしょうか?
4.ロングの概念に則したコースになっていない。
 ロングレッグレッグがありません。最低でもルートを検討する必要があるレッグが必要です。長いミドルコースといった印象です。ロングではナビゲーションやコントロール位置の難度は第一条件ではありません。
 コースコンセプトを変えずにロングコースにしたものを以下にあげておきます。(細部は検討していませんのでアイデアだけです。)
ファイル名未設定.M21E.jpg

ファイル名未設定.W21E.jpg
 ルールを理解し、コツさえわかってしまえば多数のコースをつくるのはそんなに大変ではありません。また、プリンタ印刷がスタンダードになり、OCADでコース管理ができるようになった現在ではコース数を減らすことに大きなメリットはありません。それよりも、参加者の楽しみを奪わない配慮を大事にしてほしいと思います。
posted by べん at 23:42| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

プラン練習のヒント

山川記念館冬のキャンプ終了しました。
 1日目、2日目とプランに使用できる特徴部(物)の確認作業を行い、2日目の午後にプラン練習をして、3日目ショートコースを走っていただきました。
 プランをしてから走ると、驚くことに今までゆっくり歩いてしか行えなった林の中のオリエンテーリングを自然と走って行えるようになります。参加者の皆さんには日光の雪の中をウサギのように疾走する爽快感を味わっていただけました。
 資料の一部を添付します。机上でできるトレーニングですので参考にしてください。
 プランニングの詳しい内容に興味があれば、机上トレーニングだけなら会議室等での1日コース、テレイン練習を含めれば1泊2日のコースで対応できますのでご連絡ください。
 山川記念館のシーツですが使用した方は洗濯して畳んでお帰りくださいね。車で10分も走ればコインランドリーもあります。それが無理ならリネンは持参しお持ち帰りください。合宿で大勢止まった後などの洗濯は大変です。家主に何十人ものリネン洗濯を行わせるのは酷です。その余裕もありません。快適に宿泊するためにリネンを清潔に保つことは重要です。また部屋の掃除もお願いします。(家主はこういう発信はしないので老婆心ながらここで書かせていただいています)。

 それではみなさんよいお年を。
プランニング練習.pdf

楽天デリバリー
posted by べん at 18:12| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

加齢変化

  年齢を重ねると同じ運動をしていても、心肺機能に対する負荷は増してくる。
  シニアオリエンティアが若手と同じようなパフォーマンスをするには、日々の(苦しい)トレーニングの継続が必須である。

   私も日々のトレーニングをする事が過負荷になってきて、すっかり週末オリエンテーリング愛好家になってしまった。
   京葉大会ではフィットネスの低さを認識して、それをカバーしようと最大近くで走ったが、その状況で集中したナビができるはずもなく、めちゃくちゃなパフォーマンスに終わってしまった。
  今日の東海セレでは、体力の低下を認識して、技術に集中できるレベルで走ってみた。ほぼノーミスでキロ8分弱。今のフィットネスでは十分満足できるパフォーマンスだ。毎日の苦しい(と感じられる)レベルのトレーニングをやらなければこれ以上キロタイムを期待したり、維持することは難しいだろう。
  大会開催用の年齢による衰えを考慮したクラスの速度レベルのレーティングはよくできていると改めて感じる。生涯スポーツとして成立させるためにはこれは重要だ。

  そうした加齢変化に抗うだけのトレーニングをしていない競技者は、年齢の若いクラスに出るべきでないと思う。体力レベルにあったクラスでパフォーマンスの出来を求めるのがあるべき姿かなと。もちろん、個人で求める楽しみは違うのでそうでなければいけないということではないけれど。

  さて男子の50代はフィットネス的には女子の21レベルよりは低いはずなので、女子選手はしっかり中級技術を身につけてこのくらいのタイムは出して欲しい。それは苦しいフィジカルトレーニングをしなくても可能だからだ。
  ある程度の体力があれば、インカレのメダルレベルはそれで十分可能だ。程度の差はあれそれは男子でも変わらない。

  ただ世界で戦うのは全く別だ。中級レベル技術をしっかり身につけた上で、経験による技術の付加、苦しいトレーニングの継続は必須だ。

  大体はやっても前の2つで終わる。それがここのところの世界での日本選手の位置だ。

  いい年なのにエリートの巡航速度105を切ったり、MTBで活躍している選手のトレーニング量や内容をしっかり認識して評価しよう。35才過ぎてその位置にいる事を過少評価してはいけない。     

  若い選手がその努力を今できるなら、きっともっと高い所にいけるし、それ以外にはない。

  
  

posted by べん at 23:25| Comment(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする