楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2020年11月23日

全日本ミドルの調査依頼・提訴の流れについて

しばらくぶりの更新です。
最近はあまり新しい情報もがいれていないし、このブログを書くことが意味があるのかというモチベーションの低下もあるので更新してませんでした。
 さて今回は全日本ミドルの調査依頼からのやりとりについてコメントします。(開示された情報に基づくコメントです。以下に書いたことも実際には行われていたかもしれません。もしやっていなければこうしたほうがいいという話でとらえてください)
この正当な流れについては2018/12/25の記事で述べていますのでまずこちらをご参照ください。
 またこの流れはEA講習会においても研修されていないし、大会によって対応がまちまちであるため、大会関係者を責めるつもりはありません。ただ何度も提訴でもめているのでるこの流れはJOAでガイドラインを作る必要があります。とくに前記事でも述べたように調査依頼という名前は誤解を生むのでcomplaintは要請とでも表現を変えるべきです。
1.申請の準備
 申請用紙は準備しておくのが望ましいです。書く項目が明示されていれば、調べてほしいと言っているだけでどうしてほしいか書いてなかったから回答しないということはなくなります。最低限、申請者の要望、その理由、申請者への連絡方法(携帯番号)は記載されるべきです。
2.申請者と運営者、EAとのコミュニケーション
 complaintにおいてEAの助言や該当者とのコミュニケーションはなんら禁止されていません。申請者の納得が重要ですから、不明な点があれば積極的にコミュニケーションは取るべきです。その回答が他の競技者に影響する可能性があるので要請内容と回答の公開は必要です。
3.裁定委員会の開催にあたっての準備
 運営者は、裁定委員会にかけるにあたって、競技規則・資料の準備をしなければなりません。今回のような事案であれば、地図、現地ユニットの写真、ラップタイムデータなどです。必要に応じて対象者の聞き取りもできますので、対象者にすぐ連絡できるようにしておくことも必要です。今回の内容であれば、地図の記載間違いは明らかであるためラップデータから当該レッグでのタイムの異常や、人の集散も明確にわかるので競技規則にのっとって不成立という判断は即座にだせたものと思われます。もちろん裁定委員の判断が最終的なので、これらの情報提供を受けたうえでの判断であれば受け入れるなければなりません。

 いずれにしろ調査依頼からの流れは必ずあると思って準備し、話が進めやすいように段取りしておくべきです。ミスはないほうがいいですが、完全に防止はできるものではありません。そのミスを当事者が納得できるように収めるのが調査依頼からの流れです。物事がうまく進まなければ不利益を受ける人は必ず出るので完全になかったことにはできませんが、それを規則と公正さという皆が納得せざる負えない視点で解決していくプロセスなので、運営者は変に怖がらず、参加者も遠慮せず粛々と進めるといいでしょう。

 ちなみにミス設置があっても途中で修正して成績を成立させるということもないとは言えません。例えば上位の成績に影響が及ぶ前に修正されれていれば、成立とすることもあり得ます(影響を受けた選手には謝りますよ)。ワールドカップで地図を間違えて渡してしまったため当該選手は一度スタートに戻り、再レースで成績が確定したという例もあります。先に地図を見ているから公正でなくなったんで不成立という話にはなりませんでした。再スタートは選手にも不利になりますからね。もちろん他の選手が提訴することもできますが、彼らも自分の成績がなくなることを考えたら(実際に自分のレースにかかわっているわけでもないので)まあやらないでしょうね。(実際にあったかどうかは知りません)

蛇足ですが、一部の区間を取り去って成績をつけることは明確な競技規則違反です。これをしなければいけない事態は世界選手権でも確実に不成立になります。
posted by べん at 20:29| Comment(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

オリエンティアは未来を走る?

熟達オリエンティアは未来を走るって話。
いまいちピンとこない人は多いと思います。実際には未来と現在を同時に処理しているということを同一人格で説明するのは難しいとので、いっそ人格を分けちゃえばわかりやすいんじゃないかと思いつきました。するとプランニングとナビゲーションを説明するのにも便利だと気が付いたので書いてみることにしました。
 この2つの人格。例えていうとベンチャーの社長とその秘書、または推理小説に出てくくる天才探偵とその助手(もしくは刑事)になります。ミステリー好きの私としては後者で説明させていただき、この人格をアケチさんとコバヤシ君とよびます。
 アケチさんは、未来を予測し、きっとこうなるからこうしろとコバヤシ君に指示をします。時には自分でぐいぐい進んでコバヤシ君を困らせます。指示しただけであとはのんびりカフェでお茶を飲んでいるかもしれません。コバヤシ君はアケチさんの指示を確認しながら汗をかいて証拠を集め、事件の真相に迫っていきます。ときにはうまくいかなくてアケチさんの指示を仰いだり、何気ない一言でアケチさんに気づきを与えたりします。アケチさんが名探偵なら、指示はほぼばっちりだし、コバヤシ君は着実に事件を解決していきます(コントロールがどんどん現れる)が、そうでなければ捜査が行き詰まったり(巡航速度が落ちたり)、容疑者を間違えて追ったりします(ツボる)。有能なコバヤシ君は、身を粉にして働きますし、アケチさんの指示を自分なりに解釈し、細かいことでアケチさんの指示を仰いだりしません。でもアケチさんの指示と大きくことなりそうなときは速やかに報告をします。
 アケチさんの指示はあまり具体的ではいけません。コバヤシ君を信用してある程度自由度を設けてあります。そうしないと捜査は簡単に行き詰まり、毎回アケチさんの指示を仰ぐことにもなりかねません。

 もうちょっとオリエンテーリングに寄り添って書きますね。
 アケチさんはプランニングを行います。次のコントロールまでのプランを立てることはもちろんですが、コバヤシ君からチェックポイントの確認(到達ではない)の報告があれば、即座に次のチェックポイントで行うべきことを考え指示します(アドバンスプランニング=先読み)。リロケート時の方針を立てることも彼の仕事です。主に地図の情報からの判断を担っています。プランは非常にシンプルかつ明快です(シンプリファイ)。そうでないとコバヤシ君の動きを大きく制限してしまします。コバヤシ君から現場の状況に大きな齟齬がある報告が上がったときには方針の変更を指示するでしょう。(リロケート)
 コバヤシ君はアケチさんの指示を忠実に素早く実行し、アケチさんの指示通りに進んでいるかの確認をします。主に現地から地図に落とす作業を担当します。アケチさんの指示にないことが生じたときは現場で瞬時に確認(見えたものを地図で確認)、もしくは些細な事で瞬時に判断不能ならば無視をして継続します。大きな問題を発見したら捜査を中止し(立ち止まる)、アケチさんの判断を待ち、新たな指示に従います。
彼は考えるという動作を行いません。彼の美徳は現場での判断の速さと情報の取捨選択能力です。速く実行するにはフィジカルも強くなければいけませんし、判断の基準となる行動もしっかりルーチン化されている必要があります。(地図の持ち替えとか、サムリーディングとか、歩測の自動化とかがこれにあたる)
 実際の競技中は、アケチさんの影をコバヤシ君が追いかけていくことになります。アケチさんはコバヤシ君が走り続けられるよう、的確に指示を送り続ける必要があります。指示が遅れれば、アケチさんとコバヤシ君の距離は詰まり、走行速度が落ちます。指示が細かければコバヤシ君は確認動作に時間がかかり、やはり走行速度が落ちます。コバヤシ君はアケチさんの指示がこなせる範囲で最大に速度を上げられるようトレーニングする必要があります。難しい場所ではアケチさんとコバヤシ君の距離は狭まり、簡単な場所では離れるでしょう。オリエンテーリングにおけるゾーン状態は、アケチさんとコバヤシ君の距離が常に一定の範囲にいるということです。
 巡航速度が速く、ミスの少ないオリエンティアはこの2つの人格が行うことを無意識に分けていると考えられます。アケチさんが活動している状況でナビゲーションを行えば速く走れないかナビゲーションに集中できずにミスをすることになります。コバヤシ君がちゃんと活動しているときにアケチ君が口をはさめばコバヤシ君を不安にさせ、その判断を誤らせます。
 なかなかミスが減らない、巡航速度が上がらない方は同時に働かせないことを意識してみるのはいかがでしょうか?また自分のなかのアケチさんとコバヤシ君の熟練度の違いが分かればトレーニングのプランもかわってくるかと思います。
posted by べん at 19:24| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

昔の講習会の資料ですが

コーチ制度の講習資料を作ってます。その中で掘り出した昔青森で行った講習会の資料ですが、いまでもそんなに間違ってないし、それなりにまとまってますのでご利用ください。テレインに出れない分トレーニングにご活用ください。
競技オリエンテーリングの目指すもの2.pdf