楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2020年07月29日

オリエンティアは未来を走る?

熟達オリエンティアは未来を走るって話。
いまいちピンとこない人は多いと思います。実際には未来と現在を同時に処理しているということを同一人格で説明するのは難しいとので、いっそ人格を分けちゃえばわかりやすいんじゃないかと思いつきました。するとプランニングとナビゲーションを説明するのにも便利だと気が付いたので書いてみることにしました。
 この2つの人格。例えていうとベンチャーの社長とその秘書、または推理小説に出てくくる天才探偵とその助手(もしくは刑事)になります。ミステリー好きの私としては後者で説明させていただき、この人格をアケチさんとコバヤシ君とよびます。
 アケチさんは、未来を予測し、きっとこうなるからこうしろとコバヤシ君に指示をします。時には自分でぐいぐい進んでコバヤシ君を困らせます。指示しただけであとはのんびりカフェでお茶を飲んでいるかもしれません。コバヤシ君はアケチさんの指示を確認しながら汗をかいて証拠を集め、事件の真相に迫っていきます。ときにはうまくいかなくてアケチさんの指示を仰いだり、何気ない一言でアケチさんに気づきを与えたりします。アケチさんが名探偵なら、指示はほぼばっちりだし、コバヤシ君は着実に事件を解決していきます(コントロールがどんどん現れる)が、そうでなければ捜査が行き詰まったり(巡航速度が落ちたり)、容疑者を間違えて追ったりします(ツボる)。有能なコバヤシ君は、身を粉にして働きますし、アケチさんの指示を自分なりに解釈し、細かいことでアケチさんの指示を仰いだりしません。でもアケチさんの指示と大きくことなりそうなときは速やかに報告をします。
 アケチさんの指示はあまり具体的ではいけません。コバヤシ君を信用してある程度自由度を設けてあります。そうしないと捜査は簡単に行き詰まり、毎回アケチさんの指示を仰ぐことにもなりかねません。

 もうちょっとオリエンテーリングに寄り添って書きますね。
 アケチさんはプランニングを行います。次のコントロールまでのプランを立てることはもちろんですが、コバヤシ君からチェックポイントの確認(到達ではない)の報告があれば、即座に次のチェックポイントで行うべきことを考え指示します(アドバンスプランニング=先読み)。リロケート時の方針を立てることも彼の仕事です。主に地図の情報からの判断を担っています。プランは非常にシンプルかつ明快です(シンプリファイ)。そうでないとコバヤシ君の動きを大きく制限してしまします。コバヤシ君から現場の状況に大きな齟齬がある報告が上がったときには方針の変更を指示するでしょう。(リロケート)
 コバヤシ君はアケチさんの指示を忠実に素早く実行し、アケチさんの指示通りに進んでいるかの確認をします。主に現地から地図に落とす作業を担当します。アケチさんの指示にないことが生じたときは現場で瞬時に確認(見えたものを地図で確認)、もしくは些細な事で瞬時に判断不能ならば無視をして継続します。大きな問題を発見したら捜査を中止し(立ち止まる)、アケチさんの判断を待ち、新たな指示に従います。
彼は考えるという動作を行いません。彼の美徳は現場での判断の速さと情報の取捨選択能力です。速く実行するにはフィジカルも強くなければいけませんし、判断の基準となる行動もしっかりルーチン化されている必要があります。(地図の持ち替えとか、サムリーディングとか、歩測の自動化とかがこれにあたる)
 実際の競技中は、アケチさんの影をコバヤシ君が追いかけていくことになります。アケチさんはコバヤシ君が走り続けられるよう、的確に指示を送り続ける必要があります。指示が遅れれば、アケチさんとコバヤシ君の距離は詰まり、走行速度が落ちます。指示が細かければコバヤシ君は確認動作に時間がかかり、やはり走行速度が落ちます。コバヤシ君はアケチさんの指示がこなせる範囲で最大に速度を上げられるようトレーニングする必要があります。難しい場所ではアケチさんとコバヤシ君の距離は狭まり、簡単な場所では離れるでしょう。オリエンテーリングにおけるゾーン状態は、アケチさんとコバヤシ君の距離が常に一定の範囲にいるということです。
 巡航速度が速く、ミスの少ないオリエンティアはこの2つの人格が行うことを無意識に分けていると考えられます。アケチさんが活動している状況でナビゲーションを行えば速く走れないかナビゲーションに集中できずにミスをすることになります。コバヤシ君がちゃんと活動しているときにアケチ君が口をはさめばコバヤシ君を不安にさせ、その判断を誤らせます。
 なかなかミスが減らない、巡航速度が上がらない方は同時に働かせないことを意識してみるのはいかがでしょうか?また自分のなかのアケチさんとコバヤシ君の熟練度の違いが分かればトレーニングのプランもかわってくるかと思います。
posted by べん at 19:24| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

昔の講習会の資料ですが

コーチ制度の講習資料を作ってます。その中で掘り出した昔青森で行った講習会の資料ですが、いまでもそんなに間違ってないし、それなりにまとまってますのでご利用ください。テレインに出れない分トレーニングにご活用ください。
競技オリエンテーリングの目指すもの2.pdf

2019年12月22日

クラブ指導

現在JOAのスポーツ指導者カリキュラム改定のWGに参加して、日本スポーツ協会のコーチ資格を設けるための準備をしています。
専門科目のカリキュラム作成をこれから行うのですが、私は代表チーム、都道府県チーム、個人のコーチの経験はあるもののいわゆるクラブチームの指導経験がありません。そこでカリキュラム作成を行いながら、実際にクラブチームの指導を経験したいと思っております。

 以下の条件で受け入れ可能であれば是非ご応募ください。

対象:CC7、インカレ、インターハイ等の大会に目標をもって準備していきたい地域クラブ、または学生クラブ
期間:2020年度中(応相談)
指導頻度:月2回以上(応相談、日祝日、水曜)
指導到達目標:オリエンテーリングに必要な技術の習得
(集団を技術レベル2から5まで引き上げる。いわゆるエリート選手が対象ではありません。)
場所:都内及び近県

申請可能なクラブ
目標とする大会にコミットして練習を行うことができる。
大会参加以外に週1回以上共同での練習がある。
対象者が週3回以上継続的なトレーニングを実施できる。
練習場所の近くに公園地図と街地図を持つ(これから作成でも構いません)

※指導頻度の関係でメインコーチでなく、サブコーチの扱いでお願いします。
※内容資料、地図、機材の準備はクラブ側で行ってください。
※交通費等の経費はご負担ください。

応募締め切り 1月12日(日)
応募先 yoshitut◆gmail.com ◆は@
    サブジェクトは「コーチ申請」としてください
申し込み記載事項:
1. 代表者名および連絡先
2. 対象人数(クラブの人数でなく実際に練習をしようとするチームの人数)
3. 練習場所(最寄り駅・駅からの距離)
3.現状の典型的な練習内容(1週間もしくは2週間の内容)
4.クラブ(チーム)としての目標
5.コーチングを受けたい理由

応募されたクラブには1月中にお返事をいたします。応募内容から数クラブに絞り、実際にお話をさせていただいたうえで最終的に指導クラブを決定したいと思います。
posted by べん at 23:41| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする