楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2015年06月20日

oforum資料(コース設定の原則について)

 講習の資料のみ公開するというのは、実はあまり気がすすまないのです。
 講習資料そのものは講習で補完することが前提として作成しているものですから。

 皆さんがこれを読んで解釈されたことはあくまで皆さん自身の解釈であって、私が言わんとしていることとは違うかもしれません。その点をご理解の上、原文を読むためのガイドとして使ってもらえれば幸いです。

 どうか日本の多くの競技会でルールにのっとったコースが提供されていきますように。

 もちろん話す機会を用意していただければそれに越したことはありません。
コース設定の原則.pdf
コントロール位置について.pdf
posted by べん at 14:30| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間万事

 先月の走行距離が役200km、今月前半はペースの配分がうまくいって240kmペースに上がってきましたが、適当にやっているといろいろと問題は出てくるもので。
 11日にはロングインターバルを開始してさあこれから筋肉にも刺激をというところだったのですが、翌日には距骨と踵骨の間で痛みが出てちょっと危ない感じになってしまいました。多分アスファルトの上をゆっくり走ることが多くなったために後足部に衝撃が加わっていたためでしょう。今まで故障したことのない箇所です。長いことまともにトレーニングしていなかったので、靴にも気を使わずクッション性の低いものを使っていたのも災いしました。
 使いすぎの故障はうまくケアしないと長引くので、まずは3日間の完全休養をとってプランを練り直しました。クッション性の高い靴を購入して、アスファルトでなく公園を走ることにしました。公園までのアスファルトは違和感があるのですが、公園の土の上では何とか走れます。適度な起伏もあるので、他の筋にも刺激が入り、やや強度もあがりました。もちろんオリエンテーリングのトレーニングとしてはロードを走るより良いです。
 木曜日には時間が長くとれたのですが、長距離走はまだ故障が心配なので、ママチャリでサイクリングを。近くに多摩湖のサイクリングロードがあるのでクロストレーニングとしてはこれも有用。大筋群にも刺激が入ります。週末には公園でロングランを試してみて、問題なければ日曜日にはオリエンテーリングをと計画していたら、さらにアクシデントが。
 昨日同じように自転車を漕いでいたら雨のため後輪を滑らし、悪いことにそこに車止めのポールがあって、わき腹と腕をしこたま打ってしまいました。
 肋骨をやってしまったみたいで、昨日は何とか仕事をしたものの、今日は痛みが増してます。寝返りも痛いのでさすがにしばらくちゃんとしたフィジカルトレは休みですね。何ができるか考えなくては。
 まあ仕方がないので、その分ネットで地図を見たりしてナビの学習をしますかね。
 
 
posted by べん at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

オリエンテーリングにもペース意識を

 ランニングのトレーニングにも日々のペースの意識は大事ですが、ナビのトレーニングでも大事です。
 
 世界で戦うならば、森の中でキロ4分でナビゲーションできることが目標になります。それには多くのナビトレーニングが必要です。走る速度が問題になるのはナビの技術が走る速度に追いついてからです。
 だからこそ森にいる際にはできるだけ長くナビを続けてその動作に慣れる、正確にそしてスムーズに行えるようになる、継続して行えるようになることをメインに置く必要があります。その次に速度を上げるという順番でなければなりません。もっと速く走ってもナビが破たんしない、そういう状況になって初めて速度を上げられます。
 で、提案です。速度を意識的に上げないでナビをしませんか?ルート上にあるすべての情報を地図と符合させながら走ってみましょう。そしてほとんどミスをすることなく走りきれたのならそれが今のあなたのベースになります。そのベースを徐々に上げていくことが確実に速くなる方法です。
 オリエンテーリングは他者との戦いではありません。(他者との戦いはマススタートのゴール前の誘導だけです。)合宿に来て他の選手と競い合うメニューばかりやっているようではちっとも上達しません。そういう選手をみるともったいないなあと感じます。時間とお金を使って雑な技術をさらに雑にしているだけですから。
 丁寧にナビ練習をする利点はフィジカル的に長い時間トレーニングできるということです。技術トレーニングを長くできるのは非常に重要です。LSDや自転車で最大酸素摂取量をあげるような感覚で、こうした丁寧なナビゲーションメニューでナビの基本をしっかり体に覚えこませるということをお勧めします。
 これは鍛錬期のメインメニューになりますが、レースの前でもナビ経験が必要な選手には有用です。レースペースでの練習をしたら、回復に時間がかかるため多くの練習はできませんがこれなら体に負担をかけずに多くの経験をつむことができます。
 東大大会では当日でOAを走りましたが、調整レースですのでこのコンセプトで走りました。通常レースを走ると次の日は体にかなりダメージが残るのですが、今回は会場へもjogできたし、翌日もスピードを上げたランニングが可能な状況でした。ナビゲーションの方は基本的には丁寧にできたのですが終盤で雑になりましたね。体力的には上記のような状況でしたので、集中力部分に問題ありで、集中の継続が課題のようです。
 
 ※この記事ではあえてゆっくりやるという言葉は使っていません。速く走るというのも悪い意味でしか使っていません。
 速度を意識的に変えるのはすでに集中力を失った状況だと考えるべきです。丁寧にやれば速度は落ちるだろうし、それが自動化すれば速度はあがります。技術と集中力により速度は結果として上がったり下がったりします。
 
 
posted by べん at 00:14| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする