2015年10月18日

トレーニング時間

世界のトップ選手のトレーニング時間が年間400-800時間。
 これだけ聞くと、じゃあ最低400時間はトレーニングしないとねとコーチも選手もそういう話になってしまう。そうだねと言いつつもすごく違和感を感じていたのだけれど。400-800って幅ありすぎでしょ。なんで最低400なの?
 最近やっと気が付きました。違うんですよ。世界のトップに仲間入りするために必要なことを考えてトレーニングに組み込んだらたまたまその時間になったということです。だから人によって幅があって当然。
 まずトップオリエンティアに必要とされることを理解する。次に今の自分の力を評価する。そして足りない分とトレーニング期間を勘案する。それによってトレー―ニング内容を決める。その結果出てくるのがトレーニング時間です。それが結果その時間になったのです。
 このようにしてできたトレーニング計画には無駄がありません。何のためにやっているかわかっているからモチベーションも維持できます。
 そもそも400なんて1日1時間と週末2時間さけば出る値なのになかなか実践できないのは、そこに大きな問題があるからです。よくプランもしないで400時間だけ、もしくは月300kmなんて値だけ意識していたら、トレーニングは単調になり面白くないし、いびつな構成になって結果もついてきません。
 集団でやらないからトレーニングできないというのは実は間違いで、しっかりした将来ビジョンと競技の理解、そして話を整理してくれる個人コーチがいれば誰だって普段の生活のなかでも効果的なトレーニングはできるはずです。


posted by べん at 18:19| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする