楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2017年05月21日

コースセッティング3

 先週全日本大会の第1回の試走会を実施しました。事前にほとんどのコースを組み、まわし方を確認したうえで、主要レッグを含む試走コースを作成、参加者に走ってもらいました。
今回の目的は主要なルート上に大きな問題がないかの確認と、ウイニングタイムの予想でした。
 通常の矢板でのキロタイムを想定してコースを組んでいましたが、試走では予想外の走行タイムとなり、大幅な距離の変更を余儀なくされました。使用エリアや基本的なまわし方は生かすので、まったく初めからというわけではないですが、それでも作業量は多いです。
 昨日、本日とまる2日かけてざっとコースの作成を行いました。
 基本のキロタイムを決定し、技術レベルと優勝設定時間が合うように作成していきます。 
 まずCクラスを作成します。技術に合わないコントロールの使用を避けるため、A,B,Cのコースのコントロールの番号を明確に区別しておきます。こうしておくと後でコースを調整するときに間違ったコントロールを使わずに済みます。Cクラスはほぼ道などの線状特徴物(ハンドレイル)や面状特徴物でルートがつながるようにします。
 次にBクラスを作成します。Bクラスは、尾根線、谷線をハンドレイルとして加えてほとんどのルートがつながるように組みます。ハンドレイルなしでつなぐときには、大きくてわかりやすいものに向けて進めるようにします。
 次にEAクラスを35歳以下の長いクラス、40-65までの中間のクラス、70以上の短いクラスに分けて検討します。走行速度の比率を使って、各クラスの直線距離を設定しそれに合わせた距離のコースを作成します。
コントロールは重複して使いますが、出入りを避けるため、コントロールからの脱出方向が侵入方向と一致しないように注意します。

 すべてのコースが作成されたら、1コースごとにルート距離とのぼりを計算します。のぼりは複数のルート選択がある場合は直線に近いものを使います。のぼりを距離に換算してルート距離に加え、平地換算距離を算出します。平地換算距離により優勝時間を算出し、優勝設定時間との差を検討してコースを修正します。

 基本線はこれで完成です。後は、エントリー数を見ながら、コントロールの割り振りを再度検討することになります。
 今週末に、コントロール位置にテーピングを行い、その後にコントロール周辺の地図調整になります。


posted by べん at 21:52| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする