楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2017年07月15日

全日本大会プログラム案(こんなんどうでしょう)

 現在世界大会が各地で行われていますが、ロング競技は日本の大会のものと比べる特にフィジカル面で日本の競技会とは大きく異なってしまっています。

 今回全日本のコースを作ってみて、ロング選手権と全日本大会の同時開催では世界につながるような距離のコースの提供は非常に難しいと思いました。かといって別にテレインを用意するのはリソースの問題から現実的ではないので、土曜日に選手権を開き、同じテレインで日曜日に全日本大会を行うという案を考えてみました。6月開催であれば、日は長いので、土曜日は午後開始でも開催可能です。これならば他のクラスの回し方を気にせずにエリートコースを組むことができますし、安全性も確保できます。
 難点は全日本大会の地図が前日に公開されてしまうという点です。こうしたことに慣れていない日本では抵抗があるかもしれません。しかし、世界選手権の併設などではよくあることですし、公開方法を工夫すれば公正さは維持できると思われます。参加者にとってはトップ選手の応援もでき、表彰式もバタバタせずに行えるというメリットもあります。フォーラムも同じ場所で行えば参加しやすくなるかもしれません。
日曜日はエリート選手は一般参加者との交流に積極的に参加してもらいたいですし、それがサポートにもつながるでしょう。
 まあ来年これでやるのは難しいかもしれませんが、今後の開催方法の1案といてJOAでも検討してもらえるといいなと思います。

全日本大会スケジュール案
○月○日(土曜日)
12:00〜17:00 全日本ロング選手権大会(M21E、W21E、M20E、W20E)
12:00〜17:00 観戦イベント(所属クラブによる応援合戦等)
12:00〜15:00 O-Forum
12:00〜15:00 トレーニングコース
17:00 フラワーセレモニー
○月○日(日曜日)
9:00〜14:00 全日本オリエンテーリング大会
13:00〜全日本ロング選手権大会表彰式及びロング入賞者インタビュー
14:00〜全日本大会表彰式
posted by べん at 17:55| Comment(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

WOCミドル

ジョルジュのルートは何処を目指して走ってるか分からないところもあるけどトーベのルートはかなり明確。私でもわかる。基本に忠実っていうのかな。とても安全で早い。その良さが分からない選手はよく勉強しましょう。そうでなければ成績を安定させることは不可能です。
11-15が圧巻ですのでここだけでも見て下さい。地図をクリックすればルートがみられます。多くの選手がここでミスして圏外に落ちて行っています。
simplfyの神髄ここにありって感じです。


http://news.worldofo.com/2017/07/06/woc-2017-middle-maps-and-results/
posted by べん at 13:13| Comment(0) | for ATHLETE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

全日本大会参加者増の原因は?

 ここ4年間の全日本大会の参加人数を見てみましょう。
 今回、事前エントリーの総数は200ほど増えています。
 比較のためこのうち学生のセレクションレースの人数をカットすると100人増。
クラス別の人数は以下のようになります。BCクラスが突出しています。
クラス別参加者.jpg
さらにこの状況でEAとBクラスの人数を比較するとさらにわかりやすくなります。
難度別参加者の推移.jpg
ここからEAクラスは地域による年度差はあっても、実は現状維持で、Bクラスの人数が参加人数を押し上げていることがわかります。
実はこの数152中の94人は学生です。ベテランのBクラスも増えてはいますが、多くはAクラスからの鞍替えであり、(それはそれで良いことですが)Bクラスを増やしたことが参加者増にはつながっていません。学生のうち半数はセレを行った学連からの参加です(セレクション併催の効果の可能性が高い)が、残りの半数は関東の学生ですので、今回B,Cクラスを増設した効果は50名の増ということになります。
 今回、B,Cクラスを増やした目的の一つは経験の少ない人にも参加してもらおうとしたこともう一つは競技を離れてしまった人たちを呼び戻そうとしたことでした。
 前者はある程度目的を果たしましたが、後者は効果がなかったというわけです。では年配者にはBCクラスは必要ないのでしょうか?私はそうは思いません。
 学生の参加者が増えて、社会人の参加者が増えないのは、単に周りの人に声をかけたかどうかという違いだと思います。学生クラブが後輩に声をかけてくれたおかげです。そのためにB,Cクラスが役立ったというのが本当のところで、われわれが場を提供して学生がそれにこたえてくれたということです。
 競技経験の少ない参加者の楽しみの場を用意するのは大会運営側の使命だと思いますが、その場を利用して仲間を増やしていくのは皆さんです。慣れてしまった人は忘れてしまうんですが、これからこの世界に入っていこうという参加者には、オリエンテーリングのAコースは難しすぎるんです。社会人や子供が体験だけでそれ以上進めないのはそこに問題があります。(学生クラブは自力でそういう人たちのコースを用意しますし、しっかり面倒見ますからね。)
 セレクションを併催したのは人数を集めるのには効果的だったと思います。若手のB,Cクラスを設けたことでその効果は倍増しました。また学生に全日本大会の良さを知ってもらえたという意味は大きいです。セレクションでなくても出たいと思っていただけたら幸いです。

 ただ、セレクションクラスは21Aにしてもらえれば全日本大会としても参加できたのになと思います。そうすれば全日本は全日本として出たいという選手の希望もかなえられるし、コントロールされた大会での選手選考をしたいという希望もかなえられると思いますがいかがでしょうか?来年の検討事項としていただければと思います。
まあそれでもE資格を持った人がAクラスに出ることになるというジレンマが残りますが、そのあたりはJOAと学連がもっと話し合ってうまく持っていってほしいです。
posted by べん at 17:40| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする