2017年07月02日

全日本小ネタBコントロール数

全日本のコントロール数は全部で91、42コースを91個のコントロールで賄っています。
42コースのうちAEクラスは29(69%)、91コントロール数のうちAEクラス用は51(56%)です。
Bクラス(18以下も含む)以下のコースの難易度を適正にし、コントロール数をしぼれば、こうした割合になるのは必然かと思います。

 実はコントローラ点検項目にはEクラスは他のクラスと分離されているか確認せよという項目がありますが、競技規則上そうしなければいけないという記述はないため今回分離していません。
 これを分離するとなるとそのぶんコントロールは増えて110-120となってしまうでしょう。テレインも大きなものが必要となります。運営負担は増えるばかりです。
 広いテレインを用意し、たくさんのコントロールを置いてよい財政状況であれば、エリートを分離することも可能ですが、そうでない状態で分離を優先すれば、しわ寄せはB,Cクラスに来ます。結果彼らに適正なコースを提供できなくなります。

 エリートやAクラスの競技者は公正さが維持できていればどんなコースでも走れる技術力はあるはずです。B、C クラスの競技者はそうではありあせん。上級者を優先させるがための、B,Cクラスの軽視、それに伴う不適切なコースは、新規の愛好者の流入を拒み、やる気をなくさせる壁になります。
posted by べん at 01:00| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする