楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2014年05月15日

コーチングクリニック

6月7日、8日にコーチングクリニックが開催されます。
http://www.orienteering.or.jp/NT/news/2014/0331_post_33.php

不肖私めが講師を務つとめさせていただきますが、年末の香港でのコーチングクリニックの内容とその時いただいたテキストの内容を伝達することが基本な流れになります。

今回は1、心理的な側面、2、技術的な側面、3、体力的な側面の3つを柱として話をしたいと思います。コーチというとつい2や3に目が行ってしまいますが、じつは1がクリアされれば2,3は選手自体が積極的に取り組んでいけるものです。
私自身3はもちろん2についても今のトップ選手と同じことができるわけではありません。2,3についてはどう応用するかは選手次第ですから、応用にあたってはヒントを与えるにすぎません。基本的な知識があれば十分指導できるのです。
 もっとも大事な部分は1の部分で、どうやって選手に成功を現実化させ、やる気を起こさせるかにあります。(正確にはやる気は選手が起こすものであり、それの手助けをするというのが正しい。それがコーチングです)
これは、仕事においてもチームで目標を達成るするとき、新人指導を行うとき、学習において成果を上げるとき(場合によっては恋愛においても)すべてに共通するものです。

 以上のことから、私は競技において実績がないから競技者の指導はできないと考えるのも大きな間違いです。(もしコーチングに興味があって、この理由で一歩踏み出すのを躊躇しているなら、ぜひ話を聞きに来てほしいと思います。見方次第で行動や心が変わる。まさにそここそがコーチングの肝です。)

 私も準備をしていくうえで、仕事における、または人付きあいにおける考えかたや行動が変わりつつあります。指導者にかぎらず自分で成功しようとする人にとっても非常に役に立つ内容であると思います。

 どこまでうまく伝えられるかわかりませんが、一生懸命準備をすすめますので、興味をお持ちでしたら是非講習会に参加していただきたいと思います。



posted by べん at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]