楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2014年07月20日

オリエンティアの目標

オリエンテーリングを競技として行う人たちの共通の目標は何でしょう。
世界選手権でチャンピオンになること?インカレで優勝すること?
それでは限られた人の目標になってしまいます。
オリエンテーリングを続けている人すべてが持てる目標、それがあるからいくつになっても続けられる目標。それは何でしょう?

ヨラン・アンダーソンのコーチングのテキストでは英語一言ですべてのコントロールをspikeするとなっていますが、日本語では一言で表すのは難しい。まだるっこしくなってしまいますが、あえて表現すると、すべてのコントロールをできる限り自分の出せる最大級のスピードで流れるように通過してゴールするということです。

私もいまだかつてその域に到達したことはありません。もちろんそれに近い経験はありますが。いくつになってもそれを目標にスタートレーンに立てば、常にオリエンテーリングはチャレンジングで面白いものとなります。

コーチングテキストの中ではゴルフ界での言葉がいくつか引用されています。その中に54という数字があります。何だかわかりますか?
72-18=54、すなわち18ホールですべてバーディーをとったスコアです。それは無理だろうというかもしれません。でも一つならとれるでしょ?じゃあ2ホールは?そうしていけば18だって可能でしょう。54を目指すことで、競技は人との戦いでなく、自分との戦いになります。そして得られるのは自分の達成感です。大会の成績(順位)というのは他の人が評価する結果にすぎません。

さあ、選手たちはどれだけ54に近づけるでしょうか?ゆっくり歩きながらではバーディーにはなりません。ただ思い切り振り切るだけではやはりバーディーはとれません。自分のもてる技術と体力を生かせるプランニングを持って勇敢にコントロールに向かいましょう。
ボギーを打ったら過去のことです。もちろん54にはなりませんが、54に近づくように頭を切り替えることです。打ったボギーは取り返せません。トータルでいくつになるかではなくて、次のホールでバーディーを取ることに集中しましょう。
トータルタイムで考えるのではなく、次のコントロールをいかにspikeするかを考えましょう。そうすればミスは過去のものとなり、それなりの結果はついてきます。そしてそれが今の実力であり、さらに高みを目指すためのスタートラインになります。
posted by べん at 17:52| Comment(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]