楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2014年08月31日

強くなるために必要なトレーニング量

 強くなるためのトレーニング量は?と聞かれたら、それは目標によるねと答えることになります。
 
 例えばJWOCに出るだけなら、インカレで勝つだけなら、毎週1-2回トレーニングして、週末に大会に出る。大会の前に1-2か月トレーニング量を増やすぐらいで十分でしょう。
 ただこれは、ある程度体力がある人にとっては体力的に強くなっているわけではなく、経験によりスキルが上がっているだけです。
 だから、ある程度経験値が上がっていくといずれ伸びを感じなくなります。そこでトレーニングの量を増やしたり、外の合宿に参加してみたりします。

 ところがハイレベルになればなるほどトレーニング量の増加と競技結果は明確ではなくなります。
 10回に8回ミスをしていたものが10回に2回となれば、成績が大きく改善することで自分の上達を意識でき、新しい事を覚えている満足感があります。一方、20回に1回のミスを30回に1回にするということになると改善を感じるのには忍耐が必要です。しかも、新しいことでなく同じことを繰り返し練習するだけなのでちっとも面白くありません。これが対戦種目であるなら、相手をやり方を見て自分の足りなさをわかり、相手の反応をみて上達したことを感じられますが、オリエンテーリングのように自分相手のスポーツではそれもできません。
 さらに練習量を増やしてもたいして変わらないならとたいていはそれを自分の実力はこれまでと考え、上を目指すことをあきらめてしまいます。
 特に努力が習慣にならないうちにいい思いをしてしまうとその後の努力はしにくいものです。

 このスポーツを極めたいと思っているならばJWOCの代表選手を目標にするのは利口ではありません。もしそうなら、彼ら以上の努力はしないでしょう。じゃあWOCの代表選手を目標にするのか?予選通過すらできなかった選手と同じことをしてもやっぱりそこまでしかたどり着けないでしょう。
少年野球選手が例えばイチロー選手を目標とし、彼がどんなことをしてきたか検討し、同等かそれ以上やろうと思わなければすくなくとも将来大リーグの選手にはなれません。

 目標とするなら海外のトップ選手達を目標としましょう。彼らがどれくらいのトレーニングをしてきたか、現在どんなトレーニングをし、どんな考えを持っているのか知りましょう。もちろん住んでいる場所も、森でのトレーニングの機会も、コーチやクラブの存在も自分とは違います。その時はどうすれば同じようなトレーニングができるか考えましょう。そして何年後かには彼らと同じ(それ以上の)トレーニング量をこなせるようになろうと思いましょう。そうすれば今やるべきことはおのずと明確になります。

 2×7×52×10.これはチャンピオンになるための数字です。
 1日2回、毎日、52週間、それを10年。
 そうすればもしチャンピオンになれなくても限りなくその近くに行くことができます。
 そうしなければその差を縮めることすらできません。

 そんな時間をとるのは難しいですか?そんなことはないでしょう。中学・高校で一生懸命やっていた部活動ならすでに6年やってきているはずです。それをもう少しオリエンテーリングのために続けませんか?
 
 努力できない選手に成功はありません。努力できない選手を何回世界大会に出しても結果は同じです。地図読みがうまい、走るのが速いというような様々な才能をもった選手はいるでしょう。ただ、努力を継続できる才能こそが日本チームにもっとも必要な才能だと私は思います。
posted by べん at 14:37| Comment(0) | for ATHLETE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]