楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2014年09月23日

東京都選手権

  スプリントやパークならまだしも、フォレストのオリエンテーリングで高校生と中学生を同じコースにするのは止めましょう。
  Ocadでコース設定、自前で印刷が可能なのですから、昔と違ってコースを減らす必要性もあまりないのです。中学生と高校生では技術課題も違うし、体力もちがいます。
   これでは中学生に大学受験の問題をやらせて序列をつけている様なものです。

  ましてや  年代別のBクラスがないのですから、始めて間もない競技者にいたずらにつらい思いをさせない配慮は絶対に必要です。

  年少クラスのコース設定にこそ、細心の注意が必要です。それをしていかなければ、競技人口は絶対に増えていきません。

  どうしても同じコースにする必要があるなら、レベルは下位のクラスに合わせましょう。

posted by べん at 22:59| Comment(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]