楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2015年05月04日

status-goal-plan-testing

esaも触れていたけど、トレーニング計画(いわゆる成功するための準備)についてはいろいろな場面(オリエンテーリングに限らず)で学んできたけど単純にすべてこれ。

 現在の自分を知り、なりたい自分を知り、そのために必要なことを考え実行、その結果どうであったか評価する。(そして自己認識に帰る)

重要なのが1番目と2番目。
どんなに才能があっても、現在の自分となりたい自分が明確でなければなんの方策も浮かんでこない。

さらに選手としては2番目が最も大事。
コーチとして1番目はサポートできるが、2番目は選手個人のものであって、コーチに言われてするものではない。
2番目がしっかり認識できれば、3番目は容易にきまるし、4番目もコーチとしてサポートできる。

 1番目、2番目があやふやでも仕事としてであるならサポートするのはできる。それなりの報酬があるならプロとしてそれは可能。ただこの場合はそれに値するサービスの提供ができたかが大事であって、結果はどうでもいい。

 でもボランティアとして、もしくはカンパニーとして、ワンピース(ルフィ)流にいうならファミリーとして、サポートするなら2番目は絶対的。じゃなければ夢は見れない。この場合はなんであろうと結果を求めたい。結果が出なければ悔しいし、出ればうれしい。
 本当にやりたいのはこういうことだ。”できるならやりたい”では人は動かない。

 



posted by べん at 21:47| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]