2015年06月14日

オリエンテーリングにもペース意識を

 ランニングのトレーニングにも日々のペースの意識は大事ですが、ナビのトレーニングでも大事です。
 
 世界で戦うならば、森の中でキロ4分でナビゲーションできることが目標になります。それには多くのナビトレーニングが必要です。走る速度が問題になるのはナビの技術が走る速度に追いついてからです。
 だからこそ森にいる際にはできるだけ長くナビを続けてその動作に慣れる、正確にそしてスムーズに行えるようになる、継続して行えるようになることをメインに置く必要があります。その次に速度を上げるという順番でなければなりません。もっと速く走ってもナビが破たんしない、そういう状況になって初めて速度を上げられます。
 で、提案です。速度を意識的に上げないでナビをしませんか?ルート上にあるすべての情報を地図と符合させながら走ってみましょう。そしてほとんどミスをすることなく走りきれたのならそれが今のあなたのベースになります。そのベースを徐々に上げていくことが確実に速くなる方法です。
 オリエンテーリングは他者との戦いではありません。(他者との戦いはマススタートのゴール前の誘導だけです。)合宿に来て他の選手と競い合うメニューばかりやっているようではちっとも上達しません。そういう選手をみるともったいないなあと感じます。時間とお金を使って雑な技術をさらに雑にしているだけですから。
 丁寧にナビ練習をする利点はフィジカル的に長い時間トレーニングできるということです。技術トレーニングを長くできるのは非常に重要です。LSDや自転車で最大酸素摂取量をあげるような感覚で、こうした丁寧なナビゲーションメニューでナビの基本をしっかり体に覚えこませるということをお勧めします。
 これは鍛錬期のメインメニューになりますが、レースの前でもナビ経験が必要な選手には有用です。レースペースでの練習をしたら、回復に時間がかかるため多くの練習はできませんがこれなら体に負担をかけずに多くの経験をつむことができます。
 東大大会では当日でOAを走りましたが、調整レースですのでこのコンセプトで走りました。通常レースを走ると次の日は体にかなりダメージが残るのですが、今回は会場へもjogできたし、翌日もスピードを上げたランニングが可能な状況でした。ナビゲーションの方は基本的には丁寧にできたのですが終盤で雑になりましたね。体力的には上記のような状況でしたので、集中力部分に問題ありで、集中の継続が課題のようです。
 
 ※この記事ではあえてゆっくりやるという言葉は使っていません。速く走るというのも悪い意味でしか使っていません。
 速度を意識的に変えるのはすでに集中力を失った状況だと考えるべきです。丁寧にやれば速度は落ちるだろうし、それが自動化すれば速度はあがります。技術と集中力により速度は結果として上がったり下がったりします。
 
 
posted by べん at 00:14| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]