楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2015年07月30日

普及を考える

お約束の第二弾です。あと資格制度についてはまた後日。
わかっていてやってない部分については自分にも責任があるので言いづらいですが、
普及が進まないのは普及の方策が間違っているからということにつきます。
 大会などのイベントを広報して普及するというのはあまり効果がありません。大人向けの普及もあまり効果がありません。これまでの結果を見ればそれは明らかです。
1.学校教育に入り込む
 学校教育の中で触れる機会を作らない限り、普及は高校や大学のクラブにおんぶにだっこしか手がありません。小学生の時にその面白さに触れる機会があればイベントへの参加のハードルも低くなります。
 以下はO-Academyの講師であるヨラン・アンダーソン氏が学校教育の中で行うオリエンテーリングの指導用に作った冊子です。スエーデンでは学校教育のなかにオリエンテーリングをする機会はありますが、実際ちゃんと教えられる人は多くなく、オリエンテーリング人口は減りつつあります。そのために指導書を作ったようです。普及に悩んでいるのは日本だけではありません。スエーデンでさえそうです。この冊子は自分でダウンロードして読む分には無料なので(印刷して販売してはいけません。)まあ読んでみてください。
http://np.netpublicator.com/netpublication/n91829191
 まってね。日本では授業もないので無理と言わないで。この中で書かれているグーグルマップから、自分の街、自分の後者へと拡大し、校舎周辺を地図化する流れは社会の授業とマッチするし、その地図をどう使うかと発展させ、校舎周辺でオリエンテーリングを行うというのは総合の課題としても十分面白い物だと思います。
 JOAは(JOAでなくてもいいんですけど)小学校教育、社会科教育に携わっている方と連携して、まずは、2時間程度の授業計画を作るべきですね。これとは別に自然の家で行われるような体験にも一定の指導書を作る。
 土曜講座をやっているような市町村では積極的にそれに参加して学校−パーク−里山と進めるプログラムだって可能でしょう。
 さあそれができたところで次は誰が教えるのとも言わないで。
 インストラクタがいるじゃないですか?今はインストラクタを取ったところで活動のしようがないのが現状です。本来資格をとったならそれが使える環境が無ければ意味がないでしょう。もともとインストラクタは初心者指導用の資格(だそうです)です。せっかく2日間の講座を行うのですから、あまり役に立たないことは教えず、学校や施設周辺でできるスクールOの指導のカリキュラムを実際にできるところまで持って行く指導に切り替えるべきです。(簡単な地図作成の単位も入れる。)
 JOAは対外的にそういう出前講座をやっている事をアピールする。依頼があれば近くのインストラクタを派遣する。講座の実施をインストラクタの更新の材料とする等、インストラクタと実際の指導場面のマッチングを進めましょう。
posted by べん at 03:44| Comment(2) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
せっかくなので、続けてコメント失礼します。

こういうことって、本来ビジネスになるはずです。実際、一部の野外活動センターでは、旧来のOLではなく競技オリエンテーリングとしてカリキュラムに入れられているし、長野でも林間学校の実施・継続例がある。

ビジネスになるんだから、やりたい人が率先してやれば良い、それだけのことだと思います。
Posted by 西村徳真(NishiPRO) at 2015年07月31日 23:34
コメントありがとうございます。

 私にビジネス能力が欠けているせいかもしれませんが、こと普及に関してはビジネスにはならないと思います。
 上記事業は多くの人にオリエンテーリングを知ってもらうという普及事業ではなく、オリエンテーリングを利用したアクティビティの提供です。(普及活動が乏しい中では結果として普及活動に寄与しているとは言えますが。)
 埼玉県協会が森林公園でやっているような活動は普及活動だと思いますが、とてもビジネスにはなっていません。




Posted by よしだ at 2015年08月10日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]