2016年07月26日

トレーニングしても結果がでない。

  真面目にトレーニングしているのに結果が出ない。ろくにトレーニングしていない選手に負けてしまう。

なんて事は感じてないですか?

  トレーニングして実力が落ちるなんてないですよ。
結果が悪いのはピーキングしていないからです。
  レース期になってもそれ以前と同じ量のトレーニングをやっていれば、疲れがたまっていい状態でレースにのぞめる訳はありません。
  週1回のレースに休養十分で臨んでくる選手のほうが結果がでるのは当たり前です。
  ちゃんと切り替えて回復を図れば、レースだけやっている選手に負けるわけありません。
  自分が、やって来たことを信じて、それが発揮できる状況を作り出せばちゃんと自分の成長を感じられるはずです。



posted by べん at 22:47| Comment(0) | for ATHLETE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]