楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2017年02月05日

今後のWOCまとめ

昨年でコーチを降りていますので、情報提供と勝手な意見です。
JOA強化委員会からから強化選手の皆さんにはある程度の長期的な提示があったものと思いますが、今年、来年といった短いタームでは結果は出ないので、長期間かけて結果を出したい選手向けに書きます。

今後のWOC、WG、ASOC、JWOC、AJYOCの開催地は以下になります。
WOC 2017エストニア、2018ラトビア、2019ノルウエー、2020デンマーク、2021ブラジルまたはチェコ(未定)旧方式で行われるのは2018までで、それ以降は奇数年がフォレスト、偶数年がシティになります。
WG 2017ポーランド、2021アメリカ
ASOC 2018香港
JWOC 2017フィンランド、2018ハンガリー、2019デンマーク、2020トルコ?
AJYOC 2017中国
次に参加資格について
WOCは国のランキングに異なりますが、ロング・ミドルが男女1名、リレーが書く1チーム出場できます。ASOCで資格を取った場合はその選手が出場できます。今年は谷川選手がミドルの資格を持っています。確実に個人の資格を取るなら、ASOCで優勝することが必要です。スプリントは各3名、スプリントリレーは1チームが出場できます。
2019年よりミドルは予選決勝となりますので、ミドルの予選に各3名が参加できます。
WGはランキングが上位の国と開催国しか出場できません。今年はアジア枠でASOCで優勝した谷川選手が枠を取っています。現実的に国枠を取るのは不可能ですので、今年と同じ選考が行われことを予測して、ASOCで枠をとるしかありません。
JWOC 男女とも6名までエントリーできます。すべての競技に参加することができます。

WOCで結果を残そうとするなら
3年前から、大会HPがオープンします。トレーニングテレインも解放されるので、現地でのトレーニングする機会を持つことが重要です。1年に3回位行ってもいいですがその余裕がなければその大会に向けて3年で3回くらい行く計画を立てたほうがベターです。毎年トレーニングキャンプに合わせたレースが行われるのでそれに参加するといいでしょう。ワールドカップやその国の選手権大会に参加することも考えましょう。行ってみてこれなら日本で十分できると考えるなら、遠征はレースを中心に変更することもできます。早めに現地を経験することがその後の効果的なトレーニング計画のために必要です。
 ノルディックテレインはテクニックもさることながらランニングスキルの面でもデメリットが多いのでさらに長期の現地活動なしでは結果が残せません。

どの大会を目指すべきか
 WOCのフォレストに参加できさえすればいいというレベルなら近々では2019のノルウエーを目指すのが一番枠があります。
 ただ結果を求めるなら組織としてはこの大会は捨てるべきですね。費用対効果が悪いです。準備は個人に任せセレクションは経験値を評価して経験の高い選手を送るべきでしょう。その後のWOCにはつながらないので、若手は送らない。
日本でトレーニングして結果が出そうなのは2018のラトビアですね。日本に似ています。これを目指すなら今年一度ラトビアを走っておきましょう。セレクションは富士ではない場所でガチンコで行ってほしいです。
2021年もチェコも日本人にとっては走りやすいですから狙い目です。これもセレクションは富士でないところで、レースオンリーでやってほしいですね。もちろん現地でできればそれに越したことはありません。
日本ベースで5年くらいの個人プランであれば、2018をしっかり準備して走って、2020でピーク結果を出すというのがいいですね。どこで行われるかはとても大事なことですので、IOFのコミッションミーティングの情報などで積極的に情報収集してください。JOAのホームページでも会議で決まったことをオンタイムで広報してくれるといいんですが。
リレーは2018狙いで準備するのがその後の結果を求める上でいいでしょう。
2017について触れていませんでしたが、これはもう時間もないし、それほど特殊な場所でないですから、これからあわよくばと思っている人は日本でしっかり準備をすべきですね。昨年マスターズで遠征したひとも多いですからよく情報を収集してください。





posted by べん at 18:36| Comment(0) | for ATHLETE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]