2017年03月12日

プレ全日本コースコントロール

プレ全日本大会へのご参加ありがとうございました。
今回はコース監修ということで運営に参加させてもらいました。

 下は全体ウイニング調整で用いたシートです。(黄色のクラスはワールドマスターズの年齢別速度比率です。他のクラスは経験上の値を入れているにすぎません。)本来はルート距離で計算するところですが今回はほんとうに時間がなかったのでレッグ距離で計算しています。(ミドルかつ矢板なのでそれでもいいと判断しました。)
ウイニング検討プレ全日本.pdf
 マスターズクラスは年齢層の高い方が相対的に速いことがわかります。ただ若い年齢層は対象者が21Aなどに出ていることなどもあり、単純には比較できません。
21A以上は技術的に変わりがないというのが基本です。若干身体的なことを考えて配慮はしても、高齢者クラスも21Eクラスも同じような丁寧さでに技術課題に配慮したコースを組まなければいけないと思います。同じ参加費を払っていただいているのですから。

 エリートもレベル6なので技術課題は一緒です。じゃあ21Aと21Eは何が違うかというと参加者層が違うだけです。そのため速度比率を高くしています。エリートを走る意味は技術的に難しいコースを走ることではなくてトップ選手と競う機会を持つということです。

 20Aはレベル5、18Aはレベル4、15AおよびBはレベル3で設定しています。(レベルについては技術教本をご参照ください)
 そのレベルでほぼミスなく走れるのであれば年齢区分のひとつ上のコースにチャレンジするのもいいでしょう。実際今回は18Aのクラスでウイニングを出すべき選手がこぞって20Aに出たため18Aのウイニングが遅くなっていますが、これはいたしかたありません。その年齢のトップクラスが走るという前提でコースを組まなければ安定したコースコントロールはできませんし、ミス率が10を超えるような選手を前提ではタイムは予測できるわけはありません。
 今回は主催者のたっての要望で、W21AとW20Aを同じコースとしましたが、ご覧のとおり無理があります。レベル6のコースですので、W20Aはミス率が異常に高いレースとなってしまいました。一方その危険性を予測していたためW21Aとしては短めのコースを組んでしまったのでW21Aの選手がオリエンテーリングを楽しむ時間を5分削ってしまいました。やはりレベルの異なるクラスの統合はいけません。

 全日本大会でも以上のような方針でコースを組みます。すべての年齢の参加者に競技の楽しみとチャレンジの機会を提供するコースコントロールを行います。シニアのAクラスは技術的課題は一緒ですので、どうしても長い時間走りたいと思わなければ年齢クラスにでていただきたいなあと思います。他の人と競うのも楽しいですが、ウイニングタイムにどれだけ近づけるかに向けて練習していくのはいかがでしょうか?

 すべての参加者に競技の楽しみとチャレンジを提供するという意味ではもう一つ解決しなけれないけないことがあります。年齢層の高いクラスには、レベル6を走るかそれよりもかなり技術レベルの低い(もしくは課題がわからない)Bコースを走るしか選択肢がありません。やこれでは気軽に地形によるナビゲーションを楽しみたい、もしくは上達のステップになるコースに出場したいという方には出るクラスがありません。レベル4の課題がクリアできなければ上級者クラスはまともに走れませんので、せめてレベル4のコースを提供したいのですが、道だけの初心者クラスからいきなり地形を中心としたレベル4ではハードルが高すぎます。ここを解決することが参加者増、維持のための重要な施策だと思います。品ぞろえは重要です。
 まずその手始めとして、全日本では、Bクラスとしてレベル3とレベル4の2つのコースを選べるように提案をしていきたいと思っていますので、かつてオリエンテーリングをやっていて、簡単なクラスはつまらないけどいまさらAクラスは走れないからなあと思っている方にも是非声をかけておいていただけたらと思います。
 



posted by べん at 21:57| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]