楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2017年03月17日

技術レベル

オリエンテーリング技術教本が更新されましたのでご覧ください。
http://www.orienteering.or.jp/leader/text.php
技術レベルを簡単に説明するとつぎのようになります。
レベル1:一定の方向に道を進む。コントロールで正しい道を選択する。
レベル2:道の上または道から見える範囲にコントロールが置かれる。
レベル3:レッグの途中は道および明瞭な線状特徴物を用いて進むことができる。コントロールに到達する際に見通しの良い林を進む場合がある。林をショートカットしたほうが速いレッグがある。等高線の読み取りは必ずしも必要でない。
レベル4:大きな尾根や谷を等高線から読み取ること、コンパスを使って大きな特徴物に向かって一定の方向に進む課題がある。等高線を読む必要のない場所では見通しの悪い林を使用することもある。
レベル5:大きな尾根線や谷線から離れた場所にもコントロールが置かれる。コンパスの使用と地形読みを同時に使う必要がある。
レベル6:斜面を横切って進む課題、高さを維持して走る課題、微妙に方向を変えながら進む課題、小さな特徴物をつなぐ課題などが加わる。技術的に最上級のレベルである。

 レベル3までは必ずしも等高線を読める必要はありませんし、コンパスで方向を定めて進むこともありません。レベル3の肝は林に入るポイントをしっかり押さえること(アタックポイントの設定:プランニングの基礎)です。レベル4では大きな地形を読み取りたどることが要求されます。また基本的なコンパス操作も必要です。レベル5以上の上級では地形読みとコンパス操作を同時に行う必要が出てきます。
 レベル4までで等高線の理解、コンパスの使用、プランの基礎の基本的な課題が登場します。これらをしっかり身につけておく、言い換えればこのコースをスムーズに走れるようにならなければ上級コースをまともに走ることはできません。エリートを目指す選手は、まずレベル4で上級者と同じキロタイムで走ることを目指しましょう。
 以下にプレ全日本大会のレベル3〜6のコースをあげておきます。
 MBは3、M18Aは4、M20Aは5、M35Aは6です。
 ちなみにベースマップは前日の地図修正前のものです。どこが違うか見つけてくださいね。
プレ全日本第3-6.MB.jpg
プレ全日本第3-6.M18A.jpg
M20A.jpg
プレ全日本第3-6.M35A.jpg
 
 
posted by べん at 19:11| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]