楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2017年06月23日

全日本優勝設定時間の分析

全日本大会の優勝設定時間が適正かどうかについて分析を行いました。
 結論としては、テレイン特性、季節の影響の読み違えのため全般的に優勝タイムが短かったということはあったものの全般的にはバランスの良い優勝タイムとなったと思います。

 テレイン特性値は試走タイムにより設定しました。基本とした2名の試走者のタイム比は適度でしたのでこれを基本線として検討しました。想定していたテレイン北部は諸般の事情でキャンセルとなりましたので、南部(今回のテレイン)のみのタイムを採用し、ミスと思われるタイムを抜いたうえでキロタイムを算出しました。試走当日は雨であり、また試走ということでモチベーションも違った中でのものでしたが、当日も悪天候になる可能性があるためモチベーション分のみ10%増しとしてキロタイムを決定しました。
 これまでのこのエリアでのキロタイムと比較するとかなり遅いタイム設定となりましたが、多人数の参加を考え、安全な方を選択しました。エリートだけ伸ばすという方法もありましたが、エリアが狭くなってしまったため、全クラスにおいて出入りコントロールをなくすという公正性の確保とレッグの質の維持を考えると長いクラスをさらに長くするということは現実的に不可能でした。
 距離はWMOCの速度比を基本として作成したエクセルシートにより決定しましたが、これもまた安全性を考慮して設定タイムをオーバーしないように全体を調整しました。

 大会の結果から男子は35-45の層はややタイムが遅くなりがちなもののほぼWMOCの基準で良いということがわかりました。女子に関しては、層が薄いこともあってWMOCの基準からはかなり遅く、適正なテレイン特性値にするとさらに遅くなることがわかりました。

 以上を踏まえて、同一のクラス分けを採用することを前提に次回に向けて比率の改定案を作成しました(表の赤字の部分)。
 男子のベテラン・若手の設定は基本そのまま、女子に関してはWMOCの基準を生かし、ベテランを2段階ずらして遅くしました。もともと、女子に関しては、登りや、藪が増えると男子との差が広がるといわれていますので、藪とのぼりが多い日本のテレインでは妥当な配慮かもしれません。
 エリートに関しても比率を見直しましたが、他のクラスとは分けて検討する(試走結果にかかわらずエリートなら当然走ってほしい速度によりコースを組む)ことも一つの案です。今回のようにコースを適切にコントロールすれば、それも可能であると考えられます。

 優勝設定タイムと速度比率をかけて、距離を計算し、同一距離となるコースを統合したものが3つ目の表になります。
 4つ目は縮尺です。今回は70歳以上で縮尺変更を行いましたが、男女同一コースがあるためコース以上に印刷版が増え、運営の負担となりました。男女で縮尺変更年齢が変わってしまいますが、次回はコース別の縮尺として運営負担を減らす方向が良いと思われます。
全日本仮想ウイニング検討2.pdf
posted by べん at 21:31| Comment(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]