楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2018年07月20日

トレーニング

 今日はストックホルムから6時間かけてエレンシュルツビクまで移動、受付を積ませて16時からトレーニングに行ってきました。オーリンゲンスクエアの受付もまだ寂しいもんで、誰も並んでおらずすぐ終了。
 久しぶりの北欧なんですが、何回も来てるのでテレインで何がわかるかはある程度知っているため、初めからモデルコースをアレンジして走ります。
IMG_1689.JPG
これがスタート。
IMG_1675.JPG
1番まではAが特徴的な崖なのでそこまでコンパスで、Bの沢からアタック。イメージはあっているのでまず安心。
2番はオープンの湿地cが確実にわかるのでそこまでコンパス。途中でB藪を確認。針葉樹の枝が張った林。これも過去の記憶と一致。写真はオープンから見たこぶ。
IMG_1677.JPG
3番はdの尾根に乗ってしまえばいいという基本的なプラン方法で(コントロールの延長)
4番は左に外して一番高いところまで登り上から地形を見ながらアタックのプラン。オープンな林なのでのぼりは見通しはいいけどどうしても遅くなる。斜面の等高線は中間地点の速度のあるナビにはまず使えない。Eのルートで特徴的な崖からのぼるのがよかったかな。等高線が滑らかな林は見通しが悪いのでコンパスチェックは必要だ。写真は沢とコントロールの杭(富士サマちゃれ並みの見ずらさ)
IMG_1684.JPG
11番は道を渡ったあとの位置特定が難しい。一応道のわきのオープンて調整したはずだが方向の確認が甘かったのか一つ南の崖を上ったらしい。こぶを間違えてアタック。ここは平らな部分に上った時点でこぶが終わるまで走り、アタックポイントを確定しないと行けなかった。
12番はhの方向に尾根を降りてまっすぐ走り特徴的な沢と崖からアタックのプラン。どうやら左へ進んでしまったらしく、わからなくなったので一番上まで登ることに変更。だいぶ右にずれてしまった。迷ったときは高いところに登れば地形がよく見える。ミスしたあとはどうしてもコンパスのセットが甘くなる。気を付けたい。
13はピークに上ってアタックなのだがつかれてきたのでアタックでのぼりを避ける。基本的にはIまで登らないといけない。
14は我慢して上るだけ。こぶと尾根の間であればることはしっかり見ておく。右にずれると尾根をスルーするのでそれだけは注意。
15はピークわきの平らなエリアkが使えるかを見るため右回りを選択。礫地は明瞭。全然手前のピークを尾根と間違えて振られる。ここは歩測しないと。平らな部分は使えないことはないが、5日間大会序盤は安全策で上からlが妥当。
16はmの尾根ラインを使う。礫地からアタック。可能度の悪い礫地は(地図の新しい表記)チェックポイントとして使える。
6へはプランはピークを2つ超えてアタックであったが、出だしの礫地をでたとこで方向を確認せずに下へおりてしまう。結果走りにくい場所を避けられたのでオーライだったが最初から湖を意識して走れば断然速かった。尾根上で位置がわからなったが南へ走れば位置確定できると尾根をたどったのは正解。11番の反省が生きた。
7番は送電線を超えるときにピークを狙い次のピークからアタックのプラン。見通しがやや悪かったが、pの区間歩測したのでしっかりピークを見つけることがができた。

全体的にはこのスピードならナビは可能だが、アタックでしっかり確定しないと大きなタイムロスになる。明日はトレーニングレースなので少し早く走って確認しよう。のぼりが多いのでキロ10分くらいが目標か?

気温が27度近くあるなか、トレーニングマップまで片道4qはつらかった。きれいな湖とのことことで帰りは水につかろうと思ったが、ちょっと勇気のいる綺麗さ?だったので却下しました。

帰ったらイベントやってました。
IMG_1686.JPG
posted by べん at 17:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]