楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2018年07月22日

オーリンゲン1日目

今日は第1日目。初日なのでミスを最:6小限にして5日間の目標を定めるレースとするのが目標。
day1.jpg
S-1 6:24
オープンの尾根で平らなところへ登り、谷を越え、次の平らな部分を少し左に外して斜面が変わるところの尾根を見てアタック。
しっかり周りが見えていて、良いスタート。
1−2 7:09 +1
aの沢から登り斜面変換沿いにアタック。
オープンが広く見えて手前で登ってしまう。登ったところで気が付いたが、そのまま崖まで登った。アタックは優しかったが登りすぎでロスが大きい。
2−3 2:48
尾根に上り、尾根上のこぶからアタック。
尾根に上ったはずだが、こぶはわからず、危ないので崖までぶつけて左へ。崖のラインよりさらに低い位置だった。最後しっかり読まないといけない。
3-4 6:34
鞍部を抜けて斜面沿いを道の先のオープンまで行きそこからアタック。
予定通り。
4-5 4:10 +0.5
崖を超え、丘を一つ越えて次の尾根まで歩測、尾根沿いに右手にオープンの丘を探す。
コントロール位置はこぶというより、こぶの間の沢。オープンの尾根でしっかり位置を確認すべきだった。
5-6 15:53 +6?
とりあえず台地の先の尾根を通過して、給水まで行きそれからアタックを考えるという形でスタートしてしまった。
鞍部を超えたところで左に曲がり少し走ってからコンパスを見て気が付く、方向を修正したが一つ左の尾根に行ってしまう。まずここで位置の確信が揺らぐ。まっすぐ進むと崖なので沢沿いに降りて給水へ向かう。
本来は給水でしっかり立ち止まってプランしなければいけないところ、急いでしまい、崖の手前の急斜面の尾根の先からアタックするという悪いプランをしてしまう。しかも、先ほどの台地上での件で自信が揺らいでおり、給水位置が一番右なのか真ん中なのか確信が持てず進んでしまい、現在位置の可能性を左側にかなり広げてしまった。×のあたりの尾根が見えてしまい。2つ目の×の尾根を降りたつもりで、ピークのある尾根を降りてしまった。
実はその前に人工特徴物が見えたのだが意識が左に行っていたため地図上で見つけられなかった。地図上でないわけはないので、それこそ時間をかけて見つけるまで立ち止まるべきだった。
この人工特徴物のある尾根は特徴的なので最初からこちらを使うルートが頭に入っていればなんの問題もなかった。プランをし終わっていないのに、し終わっているつもりで走ってしまっているのがそもそもの問題。
6-7 8:03 +0.5
道を使って走り、オープンの角からアタック。
まだ十分な時間を止まってプランできておらず、どちらの道にでるか不明確であった。道上でコンパスを振ったがコンパスが止まらず逆方向へ行きかける。コンパスがしっかり止まらなかったが、林の様子から判断してリロケートする。
大きな道を走ってやっと位置に関する自信が戻ってきたが、難しい位置が続けばもっとミスをしていた可能性がある。
7−8 2:24
沢を超えてオープンまで走り、ピークと急斜面を見てアタック。
自信が戻ってきたので、問題なくできた。
8-9 1:34
9-G 1:07
T 56:06

ナビの技術的な問題はそれほどなく、やはりメンタルの問題が大きい。止まるべきところで止まることそれに尽きる。ミスしたあとに急がないことも大事。あとは遅くないルートをしっかり選ぶこと。速さから言えば6番は崖をさけて左まわりか、給水をとって右の道回りで良かった。

今日は73位、チェイシング残りまで20分使ってしまったが、90分リミットなのでまあこれは最低限クリアするとして、今日のコースでも50分は切れるだろうから、当面の目標は40位としよう。
上の3人は想像できない。4位以下はなんとか想像できる範囲。前回はショートコースだったので上が見えたがノーマルクラスはやはりキビシイな。
posted by べん at 22:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]