楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2018年08月29日

香港キャンプモデルコース

香港ジュニアユースキャンプが無事終了しました。
インターハイでの結果を見るとこの1週間で良くこちらのテレインに対応したものだとびっくりしています。
さて、3日目に行ったモデルレースのコースを公開します。
今回の参加者は中学生14人+20歳2人で、技術的には3−6のレベルでコースを提供することが求められます。
レベルを変えるどうしてもコントロールが増えるのですが、少人数運営+複数日トレーニングということで、できるだけコントロールを減らしたい。そこで難しいコントロールでもコースの組み方で技術相当の課題にもっていく工夫をしてコースを込みました。もちろん給水も必須です。
毘沙門山23(2).All.jpg
毘沙門山23(2).S.jpg
毘沙門山23(2).M.jpg毘沙門山23(2).L.jpg


レベル2−3のコントロールは37,41,36の3つ、5-6用は32,35,42,44,39で半数をレベル4のコントロールで組みました。
まずざっとコースの流れを決め、参加者のプロフィールとコース希望を参考に机上で2回ほど修正、現地確認をして(主に可能度と道、視認性の確認)コースを決めました。
参加人数が少ないので、とんでもない方向にいって一人になるリスクをさけるために全体の流れは同じにしてあります。少人数のイベントでは流れや区域を絞ることで捜索の範囲を絞ることをお勧めします。
初級者に現在地を把握させて安心させるために37は必須のコントロールです。上級者になると分岐は簡単にわかると思ってしまうのためコントロール数を減らそうとするとついつい省きたくなりますが、これがないと次の34のコントロールが非常に難しいものになってしまいます。38も初級者には難しすぎるように見えますが、給水所を置くことで37と同じ効果を狙っています。もちろんコントロールを置いてもいいですが、レッグの中間でチェックポイントとして位置を把握する経験をしてほしくてあえてコントロールを置きませんでした。
38のコントロールはこぶの南の根元になっており上からのアタックなのでSクラスの参加者には容易に見えるようになっています。一方でM.Lクラスのレッグ方向からはすぐ見えないようになっています。

同じコントロールでもレッグの配置、置く位置などで、簡単にもなり、難しくもなりえます。コントロールを減らす際にはこうした工夫もしてみてください。

マススタートのほうも人数が少なくすぐ割れてしまうことが予想されたので、最初のコントロールで正しい方向を選ぶ課題を入れました。このテレインは谷が非常に険しいことが下見でわかったのでで一番体力のないクラスは谷越えの手前で引き返すように修正しました。ベテランクラスのコースでもこうした配慮は必要ですね。

マススタートでも全体のタイムがそろい終盤で合流するように全体の流れを決めてあります。マススタートのいいところは練習時間の短縮ができ、撤収時間が読めるところにもあります。

不動の北23.relay11.jpg不動の北23.relay21.jpg不動の北23.relay31.jpg

この日はレース形式を2本やるということで、暑さも考えて最初のフィニッシュから公園までは車輸送とし、昼は1時間半以上の休憩をとっています。
小百川さくら公園は東屋、トイレもあり、近くに川も流れていて十分に休息ができてリフレッシュしてもう1本走れたのは良かったです。

よろしかったら、このメニューやってみてください。日帰り練習会で十分楽しめますよ。(もちろん届け出は出して地図は購入してくださいね)

毘沙門山の植生もちょこっと直しておきました。香港キャンプの記録はラップセンターにあげてもらっています。






posted by べん at 15:08| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]