楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2018年12月06日

女子練

この週末、稲毛選手プレゼンツの女子向け練習会で、テレインインターバルの経験をしてもらいました。
この練習では、高速のナビゲーションを経験してもらう、プランと正置手続きの重要性を確認するなどの要素に加えフィジカル的には乳酸の代謝トレーニングという側面があります。

 今回は様々な体力の選手に対し、集団で行ったので、テレイン走力がない選手には負荷の高すぎるものとなり、また、一生懸命ついていくために、力が入った効率の悪い走り方になってしまいました。そういった選手は十分なレストもとれなかったので、インターバルになっていませんでしたね。乳酸の代謝トレーニングにはなってなかったと思います。
 正しい負荷で実施するには走力によって適度にグループ分けするか、個人で行ってください。反復回数ももっと多いので、自然とスピードも抑えたものになるでしょう。

 何人かの選手からレースでは後半で疲れてしまってペースが落ちるのでどうしたらよいかという質問を受けましたが、原因としては、レース速度が速すぎる、乳酸代謝能力が劣るということが考えられますし、もう一つは走り方が非効率的であるという可能性があります。前者は適度な速度でインターバル練習を行うと効果があがるでしょう。また、後者や初級者はゆっくり長くテレインを走り続ける練習のほうがベターだと思います。方法としては、コントロールを太い道の分岐など明確な特徴物に設定し(別にフラグは必要ない)、ゆっくりでいいので長い距離を止まらずにできるだけ森を選んで走るといったトレーニングが考えられます。

 百式はいいトレーニングになると思いますよ。走り続けることが目的なので、トレーニング目的ならコントロールは探さずにペナも許容しましょう。

 鍛錬期2日間のトレーニングなら、初日をインターバル、マススタート(もしくは技術練習)、2日目をロングランといった練習プログラムを立てることができます。ロングランは多少筋疲労があっても対応できますのでこの並びなら、連続2日の合宿でできます。

 ランニング練習でもJOGやスピード練習を織り交ぜるように、テレインでも速度を変えて走ることで、様々な能力を身に着けることができます。いろいろ工夫してみてください
posted by べん at 12:59| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]