楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2018年12月24日

競技規則とはなんぞや

オリエンテーリングの競技規則というと皆さんはどういう感じを受けますか?
難しい、面倒くさい、そんな感じですか?

 競技規則は、オリエンテーリングという競技を守り、発展させるため、またこの競技に関連する競技者、運営者、観客または一般の人を守るため、かつ楽しんでもらうために存在しています。

 オリエンテーリングは多くの競技外の人との接触があり、その時々の気候など状況に影響されやすく、年代もバックグラウンドも異なる人たちが一緒に楽しむという特性をもつため利害相反が生まれやすい競技です。もしそのときに判断の基準が各々違っていたら、どうでしょうか?その状況で良い解決方法を見つけるのは困難です。その時の判断の基準となるものが規則です。規則をもとに討議することで、お互いの合意を形成し、物事をスムーズに進めることができます。

 今回、IOFのイベントアドバイザークリニックに参加してきて、提訴の例をいくつかきいてきましたが、その基本となるのは必ず競技規則です。そのうえで情報を収集し、討議します。一方で、規則を杓子定規に運用するわけではありません。スポーツマンシップにのっとり、重大な違反でない限りは柔軟なルール運用も行います。
 もちろん、それには正解というものはなく、その解決策は全員を100%満足させるものではありません。しかしながら、規則を重視し、討議を尽くしたという過程をつくすことで関係者の納得を得ることができるのです。

 日本で大会をやるごとに(特に公認大会)いろいろな問題が生じるのは、競技規則が何のためにあるのかを知らないで競技規則を扱っているためです。素直に競技規則に従えば問題が生じない部分でも、運営者は、自分たちのやり取り方と違うから、面倒だからと規則に反したことを行うことがあります。しかしそのことで、提訴事項を誘発し、不成立という最悪のシナリオに進むことにもなりかねません。不成立となれば、運営者にとっても参加者にとってもこんな不幸なことはありません。競技者も自分が判断に納得いかないからと、規則にのっとって対応している個人を攻撃するようなことはするべきではありません。運営者も参加者も、少し面倒でも規則を意識して行動することで、競技を安心して楽しむことができるのです。
 そして規則にのっとって行動したときに問題が生じるようならその規則の変更を検討することを躊躇するべきではありません。(日本の競技規則は意図したものかそうでないかはわかりませんがIOFのものと合致していない部分があります。)

 運営をしているとやりたいことがたくさん出てきます(それ自体はとてもいいことで、運営のモチベーションとなり、参加していて楽しい部分でもあります。)。その中で規則通りにやることにエネルギーを使うのは大変かもしれません。しかしながら、不成立を出したり、参加者から多くの不満が出たりすれば、運営者も不幸ですよね。競技規則を守ることはそのための保険だと考えてもいいかもしれません。
 大会で競技規則を遵守することには、教育的側面もあります。競技規則を守らない大会がたくさんあれば、それが規則だと新しい参加者は思ってしまいます。正しい規則が身についていれば(当たり前であれば)それを導入することに面倒くささは考えないでしょう。一度間違った規則が身についてしまうと、それを修正するのを面倒だと思ってしまうのは仕方がないことです。競技規則にのっとった大会を行うのは、新しく仲間になる人たちへの教育でもあります。まともに規則を読む人はそんなにいませんから、これはとても大事なことです。
 もちろん、大会の状況によっては守ることが困難な場合があるでしょう。そうした場合はイベントアドバイザーの許可を得て変えることができます。ただ、このルール逸脱を広報しない大会が多いです。ルール逸脱事項は認められていることで、悪いことでも恥ずかしいことでもありません。ただその場合にはプログラム等で公表するという規定がありますの忘れず広報をお願いします。これも規則を皆さんに理解してもらうという教育的配慮からだと考えられます。

 最後にもう一度いいます。競技規則は皆さんを縛り、罰するためのものではありません。皆さんを守り、問題を事前に防ぎ、関係するひと全員がこの競技を楽しむためにあるものです。

 本来オリエンテーリングは楽しい競技です。年をとっても楽しく続けたいし、多くの人に参加していてもらいたいと思います。そのためにみんなでちょっと面倒くさいことをみんなでクリアしていきましょう。習慣になればちっとも面倒ではありませんよ。

皆様に理解を深めていただくために、このあとしばらくルール解説記事を続けたいと思います。規則を読み込むのは面倒ですからね。次はイベントアドバイザーとは何か。その次は裁定委員会とは何かについて書く予定です。
posted by べん at 06:50| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]