楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2018年12月24日

イベントアドバイザーとは

イベントアドバイザーとは何でしょう。
うるさいことばっかり言って、運営に協力してくれない面倒くさい人?
これある意味当たってます。でもなんでそうしているかはちゃんと理由があります。

 前記事を読んでいただいていた方はお分かりでしょうが、彼らは別にうるさくしたくてしているわけではありません。それは、運営者も参加者もオリエンテーリングイベントを楽しむことができるようにしているのです。運営者の皆さんが規則を理解して運営していただければ、うるさく言うことも全くないし、イベントアドバイザーも実は楽なんです。

 競技規則27.1ではイベントアドバイザーはルールを知っていてかつ問題解決能力がある人である(その研修を受けている)ということを保証しています。27.2ではその主たる任務について競技規則が遵守されていることを確認することであると書かれています。またイベントアドバイザーに関する細則の6.1ではこれに公正に運営されていることを点検・確認するという文が加わっています。IOFの規則31.6では、大会で問題が起こることを未然に防ぎ、公正さを第一義にするという記載もあります。規則だけ守っているわけではありません。運営者のリスクを減らし、競技者に公正さを保証するために努力しているわけです。
 ワールドランキングイベントのガイドラインにおいては、イベントアドバイザの身分についてあくまで運営者の補助者であり、助言者であって、運営を担当するものではないと言っており、もっと直接的に、大会の警察官でもスパイでもないよと書いています。運営者と信頼関係と目的共有の意識をもって働き、運営者は、準備の進行や本質的な決断において常にアドバイザと連絡を取ることを求めています。運営者は、アドバイザから求められた情報はすべて開示しなければなりません。一方でアドバイザの働きはあくまで影のものであり、運営は主催者の意向で行われるべきで、ただ規則違反や大会の実施に危惧が感じられるときに介入するとしています。
またイベントアドバイザと運営者で論争になるときは理事会がその仲裁者となるシステムが出来上がっています。

 そういうわけで、イベントアドバイザは運営者が規則を理解し遵守する気持ちで接すればとても有用な存在です。よい大会にするという目的は一緒ですからよく連絡をとって仲良くやりましょう。
 運営者にお願いすることはブリテンの時期を守ってくださいということです。要項は2か月前、プログラムは1週間前が締め切りです。これはイベントアドバイザーの承認を受けるという意味ですから、イベントアドバイザーにチェックを受けるためには、遅くとも3か月前、2週間前をめどに概略が完成している必要があるでしょう。(ちなみにワールドランキングイベントのガイドラインでは要項締め切りは4か月前、プログラムは1週間前ですが2−3週間前が望ましいと書いてあります。)ブリテンが遅れれば、いくら良いアドバイスをもらっても運営者はその後の対応ができなくなります。余裕のないやりとりは関係の悪化につながります。もちろん重要な逸脱事項が生じそうな場合にはそれ以前に相談する必要があります。

イベントアドバイザの活動時期は細則6.2に記載があります。
・地図および大会運営の概要が固まった時期(6か月〜1年前)
・コース及びコントロール位置がほぼ確定した時期(2か月〜6か月前)
・大会前日および当日
上の2回は要項とプログラムを固める作業となります。
 しかし、公認大会に関する規則では現在公認申請は6か月前ですから最初のチェックの時期は大きく後ろ倒しされます。どれだけ困難な仕事になっているか理解できると思います。
ぎりぎりの申請では申請前に要項の概要ができていることが最低限必要です。当然2番目の仕事も後ろへずれます。
ここの記載は現状に即していないため、現実的で、かつイベントアドバイザーが対応可能な時期にずらして記載を変え、それを遵守していくべきであると考えます。具体的には最初の仕事が(3か月〜6か月前)2番目が(3週間〜2か月前)といったところでしょうか?
イベントアドバイザーの具体的なチェック内容は規則27.3にあります。規則7.2と10.2と見比べればイベントアドバイザーの仕事は要項、プログラムと密接にかかわりがあることがわかります。この時期に仕事ができなければイベントアドバイザーの業務は困難になります。
一方アドバイザはつねに影であることを意識してほしいです。意見はルールに基づいて、または失敗の危険性を説く形で行っていただきたいと思います。方法のアドバイスはしてればいいので、その方法は基本的に運営者の裁量とすべきなのです。

イベントアドバイザーについて少しは理解が深まりましたでしょうか?
イベントアドバイザーは裏方仕事です。仕事は長期かつ専門的で、多岐にわたります。そしてもちろんボランティアです。競技者のように結果を誇れるわけでもなく、運営者のようにやりたいことをできるわけでもなく、イベントの面白さを評価されるということもありません。一方で大会に問題があれば運営者とともに矢面に立つ存在です。
かれらの報酬はイベントがつつがなく終わり、オリエンテーリングという競技がこのあともつながっていくという事しかないのです。

是非かれらがその仕事を全うできるよう。運営の方々のご協力とご理解をお願いいたします。
posted by べん at 17:45| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]