楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2018年12月25日

ちょっと説明を追加します

 調査依頼、提訴、裁定委員会については書き始めていますがその前に。

 前記事において規則について修正を躊躇してはいけないという部分が、規則を作りだすのを推奨していると思われるといけないのでコメントします。また、今回は説明記事でなくて、私の考えを述べる色が強いのでカテゴリはオピニオンで書きます。

 大会で問題が起きたからといっていちいち新しい具体的なルールを加えていくべきだという考えには私は明確に反対します。私が言っているのは、IOFのルールとの間に齟齬があって、それで運営者や裁定委員の判断に問題を生じるなら、IOF規則にそって変えることを躊躇してはいけないという意味です。(もっとも問題なのは26.1ですがそれ以外にも矛盾点はあります。)
 IOFの規則2.3では各国のルールはIOFのものをベースに書くことを推奨されています。もちろん日本の規則もそれに従ったうえで日本に合わせて変えているという意味では、規則に違反しているわけではありません。しかし、今回規則を検討するにあたり、日本のルールを全部読んで、更に国際ルールを読み、其の違いを意識して、EA研修会に臨むのはのはかなりの労力でした。例えば、IOFルールを基本とし、日本でどうしても対応できない部分は注釈で記載するというように規則を書き換えていただくのはダメなのでしょうか。そのほうが誰もが規則を読みやすくなりますし、選手にしてみれば国際大会への対応も容易になります。他のスポーツの規則をいくつか当たりましたが、そういった対応をしている競技が多いように思います。地図委員会がISOM2017に対してJSOMを作成せず、国内の対応を別掲したのは合理的で非常に良いことだと思います。
 
前置きが長くなりましたが、新しい問題に規則追加をもって対応するという考え方に反対するのは次の理由からです。
1.規則が多くなる。:多い規則を読むのは面倒で、みんなに規則を理解してほしいという考えに矛盾する。
2.独自の規則を加えることで、国際規則から乖離し、ガラパゴス化してしまう。
3.事象に対するルールはそのバリエーションに対応できず拡大解釈を生む。
4.裁定委委員の独自性を制限し、その存在価値を低下させる。(裁定委員会の役割については次回延べます)

 問題の事象が日本特有なものであれば別ですが、そうでない場合、規則を追加したいと考えるなら、日本の規則をいじるのではなく、IOFに規則追加を働きかけるべきだと思います。妥当なら議論し、受け入れてもらえるでしょうし、そうでなければそうしない理由を教えてくれるでしょう。
 
 次回記事については年内に頑張ってUPします。

posted by べん at 20:42| Comment(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]