楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2018年12月25日

調査依頼、提訴、裁定委員について

まずは日本の競技規則から見ていきます。
競技規則24に調査依頼及び提訴についての記載があります。
調査依頼:
いつ:競技者に関する疑義が生じたとき
誰が:競技者及びチーム役員
誰に:競技責任者
どうやって:文書
回答:
いつ:可能な限り速やかに
誰が:競技責任者
誰に:調査依頼者
提訴:
いつ:調査依頼の回答が不服な場合、回答から15分以内に
誰が:競技者及びチーム役員(該当者でなくてもOK)
どこに:大会主催者
方法:文書
24.6後日成績に関することは10日以内に(この規則は日本独自。)

25には裁定委員会について述べています。
25.1 3名からなる裁定委員会を組織。提訴に裁定を下す。
25.2委員会の立場:大会組織外、委員会の議長はイベントアドバイザー、主催者の代表も参加可。裁定委員以外は投票権を持たない。
25.2 3人そろわなかった場合の規定。主催者が代理を指名する。
25.4裁定委員会の決定は最終

ガイドラインにある追加事項
25.1結果は公式掲示板に掲示しても良い。競技責任者は調査依頼の時間に制限を設けられる。
26 裁定委員会は主催者が指名、競技規則に熟知し、運営経験を有するものが望ましい。最低1名はイベントアドバイザ―が望ましい。経験、年齢、地域などのバランスを考慮して選出、事前に発表。利害関係者の場合は主催者が代理を指名。イベントアドバイザーは事情を聞き資料の提出を求めることができる。

IOFの規則を見ていきます。
27 complaint
特に違いはありませんが、提出先はオーガナイザーであって、競技責任者とはなっていません。
28 protest
これも大きな違いはありません。
29 Jury
29.2指名はIOFが行うか、連盟が行います。(主催者ではありません)
29.3ジュリーは3人または5人
29.4主催者はジュリーミーティングに参加できるが裁定時には退出する。
29.5主催者はジュリーの決定に従う
29.7利害相反によるジュリーの代理を指名するのはイベントアドバイザーである。利害相反に対する最終決定はイベントアドバイザーが行う。

30アピール
日本の規則には規定なし。ジュリーが集められなかった場合、またはジュリー解散後の場合に行われる。その対象はジュリーの決定であり、かつその会議の進行に大きな問題があった場合に限られる。提出できるのは連盟だけであり、カウンシルがそれを扱う。

ジュリーのガイドラインには以下の記載があります。
ジュリーは独立した組織であり、提訴に対しては規則をもってあたる。
調査依頼のない提訴はできない。
規則の解釈に当たってはスポーツの公正さが原則として使用される。
ジュリーはEAであることが望ましいし、IOFの主たるイベントではSEAが望ましい。
ジュリーは競技者、チームオフィシャルに渡されたすべての文書を受け取り、イベントのすべてのエリアに入ることを許される。
イベントアドバイザーはジュリーをすみやかに招集できる体制(電話番号を確認するなど)でいなければならない。
主催者はコンプレインとプロテストの用紙を会場に用意しておかなければならない。
イベントアドバイザーはジュリーがいつ会場につき、どこに集まり、いつ離れていいかを連絡する。
ジュリーはスタートやフィニッシュにいくことを求められる可能性がある。ジュリーはコンプレインの判断にかかわってはならない。
コンプレインへの回答は必要に応じてEAのアドバイスをもらいながら運営者がすべきである。ただし、提訴につながりそうな案件についてはその内容と回答を事前にジュリーに伝えられることはある。
投票権を持つジュリーは、審判や、役員のようにふるまってはならない。
ジュリー会議は静かな場所で行う。
イベントアドバイザーはプログラムと規則を準備する。
ジュリーは以下のような他の証拠を集めてよい。
地図や、文書の確認、競技者や係員への事情聴取、その場所への訪問、写真やビデオの確認、コンピュータその他からの出力内容
必要であれば、規則委員会によるアドバイスを受けることができる(規則委員会は会場にいなくても良い)。
結果は理由とともに提訴文書に記載される。ジュリーの同意があり、EAが必要と感じれば票数を提示できる。
判断に至る詳細は明らかにすべきでない。もし、ジュリーの判断に説明を求められる場合は1ルートに限る。EAがスポークスマンのようにふるまうか、必要ならジュリーメンバーにその仕事を託しても良い。ジュリー個人の考えは述べるべきでない。他のメンバーは裁定について競技者、委員、観客、メディアと議論してはいけない。

ざっとこんな記載があります。
違いは、
IOF規則ではオーガナイザーとなっているところの一部が日本の規則では競技委員長という役職になっていること。ジュリーの指定者が異なっていること。
日本の規則ではジュリーに運営経験している豊富なものとの記載があるがIOFにはない。
日本の規則にはジュリーのための準備や、ジュリーの具体的な行動の記載がない

以下は私の解釈もあり、若干主観がはいります。
IOFルールでは、判断にかかわる人はルールを知っていることが前提です。
コンプレインでは主催者がルールに基づいて判断を下します。主催者はある意味利害関係者でもあります。アドバイザーは主催者にアドバイスができます。間接的ですがこの段階ではアドバイザーは判断に影響を与える可能性があります。
プロテストでは利害関係のないジュリーがフラットな状況で判断に当たります。ジュリーには必要な情報を受ける権利と調査権があります。ジュリーの決定は最終でありそのプロセスに問題ない限りは覆りません。イベントアドバイザーは進行役、運営者は情報提供者であって判断に加わりません。回答の過程については公表されません。

訴える人にとっては、2回判断を仰ぐことができ、2回の判断者はお互いに独立しています。
そして、ジュリーでは一切の先入観、利害関係が排除されます。
(様々なバックグラウンドを持つ人で構成されるべきというのもそのためです。個人的には日本の規則で運営経験が豊富なものと規定することは運営側に有利な判断をするのではという疑義があるので、文面としては適切でないと思います。)
議論はジュリー内で行われるべきであり、EAはその議論に加わってはいけません。(独立性が阻害されるため。)

これがちゃんと働いていれば、内容が自分にとって不利で、納得がいかなくても受け入れはできるのではないかと思います。

また、調査依頼、提訴の提出者に気を付けてほしいことがあります。調査依頼という言葉が問題なのですが、基本的にコンプレインは自分の要求を示すもので、調べてくださいという形はとりません。具体的にどうしてほしいかを書いてください。受け入れるか、棄却するかを選べるような形での提出をお願いします。その結果は他の競技者に影響する可能性がありますので、提訴は調査依頼の提出者以外でもできます。
そして、不服がある場合は調査依頼の提出をためらう必要はありません。調査依頼、提訴はJOAに報告され、議論されるため、次の大会コントロールに役立ちます。お互いに面倒くさくはありますが、将来的に関連するみんなにプラスとなるのです。
posted by べん at 22:23| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]