楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2019年03月07日

コントロールの公正な設置について

一昨日、昨日と久しぶりに練習会に参加してきました。容赦なく登らせていただきありがとうございました。
さて、規則の細部も読み込みましたので、人によってちょっと解釈が分かれている(ような気がする)コントロールの置き方について覚えがきとしてまとめてみました。

国内の大会では国内ルール使われますが、国内でも国際大会(WREなど)はIOFルールが適応されます。

1.コントロールコード(識別番号)
競技規則:31以上、混同しやすい番号は使ってはならない。(具体的な番号あり)
IOF規則:31以上、混同しやすいばあいで水平方向に表示するばあいは下線を引いて良い間違いを避ける。
2.コントロールの設置
微妙に表現が違いますが、要はその特徴物の位置説明にある場所を見たときすぐ見えるように置くわけです。実施基準ではそのための提案がなされています。
コース設定の原則:
.5.1 コントロール設置位置
地図上に示されたテレイン内の特徴物にコントロールが設置される。競技者は、順番が指定されていればその順番通りに、自分自身でルートを選択して、これらを回ってこなければならない。これには、慎重なコース設計と、公平さの保証を確認することが要求される。
地図上で、コントロール付近の地形が正確に、またありうるすべての方向からのアプローチに対して方向と距離が正しく描写されていることが、特に重要だ。
もし地図上で、他にアプローチの助けになるような特徴物がなければ、コントロールを近距離からしか見えないような小さい特徴物に設置してはならない。
コントロールは、どの方向から来ればコントロール・フラッグが見えやすいかということが、地図またはコントロール位置説明からでは判断できないような場所に設置してはならない
競技規則:
16.3コントロールフラッグは、地図上に示された特徴物に、その特徴物に到達した競技者に見えるように吊す。コントロールフラッグが吊された実際の位置は、コントロール位置説明と合致していなければならない。
IOF規則:
フラッグは、コントロール位置説明にしたがって地図で示した特徴物に取り付けられなければならない。競技者が記された場所を視界に捉えたときに、フラッグも見えるようになっていなければならない。
実施基準:
17.コントロールの設置
地図上に表記されていない木や薮などの蔭、または地図情報から読み取れない位置にコントロールを設置してはならない。

IMG_2580.jpg
*6番は5からまっすぐ入ると太い木の真後ろにあるため、沢の中心を見てもフラグが見えないという点ではもう少し木と距離を置いて設置する良かったと思います。

スプリント競技においては、コントロール周辺でスピードが極端に落ちるような位置はコントロールとして適切でない。
コントロールフラッグをパンチ台に吊るす場合、フラッグが低すぎないように注意するとともに、競技中に倒れたり、地面に沈み込んだりしないようにすることが肝要である。少なくともフラッグの下端が地表面から25cm程度となるように設置する。急斜面や軟弱な地盤においては、コントロールフラッグとパンチ台を分離することが望ましい。
パンチ台を使用しない場合、コントロールフラッグとパンチは別々に吊るす。
コントロールに複数のパンチ台を設置する場合でも、フラッグの設置は一つである。コントロールに複数のパンチ台を設置する場合、競技者の進入・脱出方向を考慮して配置する。
酷暑時などは、勝者の想定スピードで25分ごとに給水所を設けることが望ましい。

3.近接コントロール
IOFの方が表現が強い。また競技規則の後半部はコース設定の原則に記載されているものだが、特徴物が同じではなく、地図の上からも現地で見ても明らかに違う特徴物の場合となっている。
event.All.jpg
*メッツアの大会(プランナーは私)の隣接は沢と穴で特徴物は違うが穴が沢にあるため好ましくなかったです。(実際数名がミスパンチをしている)
競技規則:
16.4.コントロールは30m 以内(縮尺1:5,000または1:4,000では15m以内)に近接して設置すべきでない。さらに特徴物が同じコントロールは60m 以内(縮尺1:5,000または1:4,000では30m以内)に近接すべきでない。
IOF規則:
19.4コントロールは30m以内に隣接して設置してはならない(地図の縮尺が1:5000または1:4000の場合は15m)。コントロール間の距離は直線で測る。(付録2, 3.5.5項参照)
*ワールドランキングイベントのガイドラインでは15mでなく25mになっています。

4.コントロール円の中心
ISOM2017
点状特徴物の場合は、記号の中央とする。線や面状特徴物の場合は、フラグの正確な位置を示す。
ISSOM2007
特徴物のうちの正確な位置を示す。
日本の競技規則ではこの点に言及している(IOFにはない)
13.2.三角と円は、それぞれコントロールとなっている地図上の特徴物を、正確に中心位置とする。中心に印をつけてはならない。
実施基準では
14.コース印刷
コースの地図への表記および地図の印刷は、「地図図式」および「コントロールに関する規則」による。
コントロールを示す円は、コントロールとなっている地図上に表記された特徴物を、正確に中心位置としなければならない。ただし、地図上で実寸表記できない特徴物については、円の中心をその特徴物の記号の重心点に置き、コントロール位置説明表において方位、位置などを示す。

IMG_2579.jpg
*11番は崖の南東の根元であるが、私は植生界の角だと思ってフラグがないのでパスしてしまった。もちろん位置説明を見なかった私も悪いので文句を言っているわけではありません。規則に準じて円の中心を崖に置けばこうした誤認は防ぐことができます。

ここに書いたようなことは一般向けの大会・コースでは問題になるようなことはないであろうが、トップレベルで競技をしている選手にとっては大きな問題となります。

それなりに神経をつかうことであるので、規則の適用を上位の大会・クラスに限定するということはこうした観点からも検討すべきだと考えます。

最後にコース設定の原則の2項を参考にあげておきます。
3.5.3 コントロール・フラッグ
コントロールの器具は、IOF競技会規則に準拠しなければならない。
可能な限りにおいて、コントロール・フラッグは、競技者が記されたコントロールの特徴物に達した時に初めて見えるように、設置されるべきである。公平性のためには、コントロール位置に競技者がいるかいないかにかかわらず、コントロールの見つけやすさは同じであるべきである。決してコントロール・フラッグは隠されるべきでない: 競技者がコントロールに達したときに、フラッグを捜し回らなければならないようであるべきではない。
3.11.3 公平なコントロール設置位置を使う
プランナーは、可能な限り最高のレッグを作ろうとして、不適当なコントロール位置を使ってしまうことがしばしばある。
競技者は、良いレッグと素晴らしいレッグの違いにはほとんど気がつかないが、コントロール位置やフラッグが隠されていたり、曖昧さがあったり、紛らわしいコントロール位置説明などのよって、コントロールで予期しなかったタイム・ロスがあると、ただちに気づくだろう。
posted by べん at 12:01| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]