楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2019年03月08日

穴や小凹地のコントロールのフラグはどこに置く?

コース設定の原則で述べられているコントロール位置とフラグの置き方の条件について確認してみます。
1. コントロールの周辺は地図に正しく描かれていなければいけない。
2. コントロールにアプローチする可能性のある場所すべてからの方角と距離が正しくなければならない。
3. 地図上に補助となるような他の特徴物がなければ、すぐ近くによらなければ見つけられないような小さな特徴物にコントロールを置いてはならない。
4. さまざまな方向からくる競技者のコントロールフラグの見え方の差が地図上や位置説明で読み取れない場所にコントロールを置いてはならない。
5. その特徴物(及び位置説明)に到達して初めて視認できるように置く。
6. そこに他の競技者がいようといまいとその見え方に差がない。
7. フラグは隠してはいけない。(コントロールに到達してからフラグを探すようであってはならない)

1,2に関してはプランナーがしっかり仕事をしなければなりません。調査者がいかに優れていても、すべての特徴物の位置が全く正しいことはありません。コースが出来上がった後にすべてのコントロール位置に行って適切な修正を加えるか、コントロール位置を変更する必要があります。
5,6はas far as possibleに対して、7はon no accountですから、遠くから見えてしまうことを避けるよりも隠さないようにするということが優先されます。北欧などでは地図に表現される地形によりコントロール位置が見えない(地図からそれが判断できる)場合が多いので5はそれほど難しくないですが、日本で5を尊重すると7にひっかかる部分が多々あります。
かといって、5を無視したコースばかり走ってしまうとコントロール付近でのファインなオリエンテーリングを実践しなくなり、海外で全く対応できないということにもなってしまうので、痛しかゆしです。私がコースプランをする場合はレベル5,6のクラスではできるだけ5を尊重するようにはしています。一方でレベル4以下のクラスでは5にはあまりこだわらない用にします。(この辺りがクラスによってコントロールを共用してはいけないというところにもつながります)

さて本題の穴や小凹地のコントロールの置き方ですが、これはケースバイケースになります。以下私見になります。
日本の穴、小凹地は大きさとしては小さいものが多いので、特別大きなものでない限り、周りに何の特徴もない場所にあるものは、コントロール位置として適切ではありません。どうしてもコントロールにしたい場合は5に目をつぶって、ある程度遠くから見えるように置くしかありません。位置はふちなどを使用します。中においてしまうと、多くの場合は地図に表現する限度を超えてアプローチの方向によって見え方が異なってしまいます。藪の中の穴のようにふちにおいてもフラグの見え方に差異が出るようならコントロールにすること自体を避けます。
一方である大きさがあり、穴の中が藪でなくて見え方に差がない(斜面の穴などで上から見にくいのは地図から読み取れるので許容します。)場合は、5を考慮して中に置くのも可能です。

一例をあげます。これは5日の練習会のコントロールです。小さな穴ですが急斜面の上の平らな部分にあり、北に走行困難エリア、東には小さな沢もありますので、地図上では問題なく使用できると思えます。
IMG_2583.jpg
でも実際は経年変化でBはわかりづらく、穴の中も植生が悪く、フラグが良く見えない状況であり、競技者にとってはストレスがたまるコントロールになってしまいました。
 練習会等では、地図は経年変化もあり、事前に確認といっても時間的に難しいので、周りに他の特徴物の無い穴や藪の中の穴は避ける、フラグはふちに置くようにするとしたほうが参加者にストレスのないコースとなるでしょう。
posted by べん at 11:18| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]