楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2020年11月23日

全日本ミドルの調査依頼・提訴の流れについて

しばらくぶりの更新です。
最近はあまり新しい情報もがいれていないし、このブログを書くことが意味があるのかというモチベーションの低下もあるので更新してませんでした。
 さて今回は全日本ミドルの調査依頼からのやりとりについてコメントします。(開示された情報に基づくコメントです。以下に書いたことも実際には行われていたかもしれません。もしやっていなければこうしたほうがいいという話でとらえてください)
この正当な流れについては2018/12/25の記事で述べていますのでまずこちらをご参照ください。
 またこの流れはEA講習会においても研修されていないし、大会によって対応がまちまちであるため、大会関係者を責めるつもりはありません。ただ何度も提訴でもめているのでるこの流れはJOAでガイドラインを作る必要があります。とくに前記事でも述べたように調査依頼という名前は誤解を生むのでcomplaintは要請とでも表現を変えるべきです。
1.申請の準備
 申請用紙は準備しておくのが望ましいです。書く項目が明示されていれば、調べてほしいと言っているだけでどうしてほしいか書いてなかったから回答しないということはなくなります。最低限、申請者の要望、その理由、申請者への連絡方法(携帯番号)は記載されるべきです。
2.申請者と運営者、EAとのコミュニケーション
 complaintにおいてEAの助言や該当者とのコミュニケーションはなんら禁止されていません。申請者の納得が重要ですから、不明な点があれば積極的にコミュニケーションは取るべきです。その回答が他の競技者に影響する可能性があるので要請内容と回答の公開は必要です。
3.裁定委員会の開催にあたっての準備
 運営者は、裁定委員会にかけるにあたって、競技規則・資料の準備をしなければなりません。今回のような事案であれば、地図、現地ユニットの写真、ラップタイムデータなどです。必要に応じて対象者の聞き取りもできますので、対象者にすぐ連絡できるようにしておくことも必要です。今回の内容であれば、地図の記載間違いは明らかであるためラップデータから当該レッグでのタイムの異常や、人の集散も明確にわかるので競技規則にのっとって不成立という判断は即座にだせたものと思われます。もちろん裁定委員の判断が最終的なので、これらの情報提供を受けたうえでの判断であれば受け入れるなければなりません。

 いずれにしろ調査依頼からの流れは必ずあると思って準備し、話が進めやすいように段取りしておくべきです。ミスはないほうがいいですが、完全に防止はできるものではありません。そのミスを当事者が納得できるように収めるのが調査依頼からの流れです。物事がうまく進まなければ不利益を受ける人は必ず出るので完全になかったことにはできませんが、それを規則と公正さという皆が納得せざる負えない視点で解決していくプロセスなので、運営者は変に怖がらず、参加者も遠慮せず粛々と進めるといいでしょう。

 ちなみにミス設置があっても途中で修正して成績を成立させるということもないとは言えません。例えば上位の成績に影響が及ぶ前に修正されれていれば、成立とすることもあり得ます(影響を受けた選手には謝りますよ)。ワールドカップで地図を間違えて渡してしまったため当該選手は一度スタートに戻り、再レースで成績が確定したという例もあります。先に地図を見ているから公正でなくなったんで不成立という話にはなりませんでした。再スタートは選手にも不利になりますからね。もちろん他の選手が提訴することもできますが、彼らも自分の成績がなくなることを考えたら(実際に自分のレースにかかわっているわけでもないので)まあやらないでしょうね。(実際にあったかどうかは知りません)

蛇足ですが、一部の区間を取り去って成績をつけることは明確な競技規則違反です。これをしなければいけない事態は世界選手権でも確実に不成立になります。
posted by べん at 20:29| Comment(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]