楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2021年01月06日

等高線メインのプラン(キューブプラン)と等高線サブのプラン(フリッププラン)

※キューブプランとフリッププランは造語です。どこかから引いてきたものではありませんのであしからず。

ナビゲーションを行っているとき、目の前の景色は刻々と入れ替わっていきます。でも頭の中のイメージはどうでしょうか?
最近ナビゲーションの画像をよく見かけますが、地形情報で走っている場合の画面で物足りなさを感じます。画像は事実なので実際そのとおりみえているのでしょうが、自分が走っている時に見ているものとは全く違うものです。実際ナビゲーションを行っている際のイメージでは今見えていない先の尾根が見えている場合もあるし画角も適宜変化してます。3次元キューブの中に自分がいるというような4次元のイメージ画像ができていて、その中にカメラの画面がはまっている感じでしょうか?   
一方で等高線以外の特徴物を使ったナビゲーションやスプリント画像ではあまり違和感がありません。実際のナビゲーションの時も画角はほぼ一定で、画面を切り替えて進んでいるからです。
そこで等高線主体のナビゲーションと等高線サブのナビゲーションは全くの別物として考えてみました。
等高線の情報はイメージなので、選手が頭に浮かべる画面(次のコントロールまでの立体情報を持ったキューブのようなもの)は一つです。コンパスと併用しながらその場その場で角度を変えてみたり、画面のサイズを変えたりして進みます。例えば尾根をつないだりコンタリングを行うような場面でもこのキューブを傾けたりイメージする範囲を広げたりして対応します。一塊の情報を加工して使っていきます。一方で様々な線状特徴物をつなぐというプランの場合情報はその特徴物に特化して平面的になります。フリップ芸のフリップのようなもの(紙芝居といいたいですが若い方にはピンとこなさそうなので)と考えてよいと思います。それらを乗り換えるたびに画面の方向を変えなければならず、画面情報を入れ替えるので情報処理が煩雑になります。今の道を走っている限り、次の道のイメージすることは難しくなります。
図1.jpg
図3.jpg図4.jpg

どちらの方式もできないと困るのですが、どちらも可能である場合には等高線メインのナビゲーションを選択すべきでしょう。地図の持ち替えも少なく切り替え動作も限定的になるので走りながらのナビゲーションが格段に容易になります。
 ロングレッグでは一般的にはこのイメージキューブとフリップをいくつか組み込んでいくことなるでしょう。

オリエンテーリングを早く上達させたいのであれば見通しの良いテレインで地形を使ったナビゲーションをやらせてしまうのが良いと思います。道をつかっても慣れるまではミスをするのですから、さっさと効率の良いやり方を覚えてしまうべきです。北欧のテレインは見通しがきき、地形以外の線状特徴物が乏しいため、情報を立体キューブ化して画面を切り替えず進むというナビゲーションを早くに身につけやすいんだと思います。
情報をキューブ化して空間を走る練習は公園でできますね。公園でそれを練習し、見通しの良いフォレストで地形を使って練習し、見通しの悪い森へと進むのが上達の早道だと思います。この順でやっておくと道をたどる際にも道を走るという平面的な情報に等高線情報を加えて細長いキューブを作成することでフリップナビゲーションも上達しやすくなります。
posted by べん at 16:53| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]