楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2021年02月11日

大会や練習会がない中でのコンディショニング

 大会が少ない中でたまに大会にでても思った記録がでない。普段のトレーニングは変わらずやっているのに…と思っている方。普段のトレーニングって何してます?ジョギングですか?だったら仕方ありませんよ。

 オリエンテーリングの一番のフィジカルトレーニングってなんだと思います?それはレースをすることです。「当たり前だよ。できねえから困ってるんだよと」という声が聞こえてきそうですが。今までだったら週末オリエンティアでも週1〜2回は効果的なトレーニングを行っていたわけです。だからサポートメニューであるジョギングでも対応できた。でもレースができないのですから、普段のトレーニングにその要素を加える必要があります。ジョギングでは得られないオリエンテーリングの特徴。。。。。。
まずはスピード、それから速度の切り替え、不整地走、そんな要素を加えなければなりません。
週末オリエンティアは普段ジョギングで済ませても週末はレースでそれらの要素のトレーニングを行っていたのです。それらがなくなった今はジョギングではダメなんです。

 一番は公園など起伏のある場所で(できれば森で)、インターバルトレーニングを行うことです。公園がなくてもインターバルはできます。辛ければインターバルのスピードを抑えめにしたり、レストの時間を長くしたりして対応してみましょう。インターバルということに抵抗があるなら気分で速度を変えて走るだけでもいいです。これを森でやっているのが北欧でいうファートレク(スピードプレイ)になります。
 階段トレも効果的ですが、短く区切る方が効果があります。階段ダッシュでジョギングでつなぐなんてのもいいでしょう。

 学生の皆さんもインカレに向けて無理に距離を延ばさないでね。急に距離を伸ばしても怪我の危険性が高まるだけで効果はあまり期待できません。距離は積み重ねです。短くてもメリハリのあるトレーニングを行いましょう。ちなみに初級者にとってオリエンテーリングはフィジカルトレーニングでなく技術トレーニングになります。一つ一つ確認してやるのでは追い込んで走れませんから。だからこそ別の機会にインターバルをしてフィジカルを鍛えつつ、レースや練習で技術を鍛えるのが効果的です。

 昔、エリートオリエンティアは技術トレーニングは10%以下(5%だったかな)と聞いて「えっオリエンテーリングしてないの?」と思いましたが彼らにしてみればオリエンテーリングをすることはほぼフィジカルトレーニングやメンタルトレーニング、シミュレーションなんですよね。 オリエンテーリングレースがほぼ技術トレーニングでなくなったらあなたも上級者の仲間入りです。

 JOAのコーチ資格取得講習ではこんなお話もさせていただき、実際に競技レベルに合わせた練習をプログラムしてもらうなんてこともしたいと思っています。プチ宣伝でした。
posted by べん at 13:36| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]