楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2018年08月06日

香港合宿資料

前記事への追加です。
いま準備しながら思いついたのですが、合宿内容に興味がある方がいらっしゃいましたら、合宿協力金10000円にて以下の資料をお送りいたします。
需要があるかわかりませんが、運営負担を少なく、効果を多くを考えてやっていますので、合宿運営の参考にはなるかと思います。

@合宿プログラム
A講義資料
B練習メニュー全コース図(全25枚)


準備の都合上11日までに前記事の連絡先までご連絡ください。

posted by べん at 19:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

香港合宿コース公開

 スタッフが4名確保できたので、20−26日に日光で行う香港ジュニアユースチームのトレーニングメニューのうち、23日に行うレース形式の練習の一般参加を募集することにしました。
 目的は交流です。スタッフは限られていますので一般練習会のようなサービスは提供できませんが、同じコースを走ってランチを一緒にできたらいいなと思います。お手伝いいただくこともあるかもしれません。参加費はレースへの参加費でなくて、イベント全体への参加費だと思っていただけたら幸いです。
 コースは机上ではちゃんと考えて組んでいますが、下見はしていないので、当日変更がある可能性があります。その点はご容赦ください。
一般公開.pdf
posted by べん at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

オーリンゲン最終日

最終日です。
今日はガンガン走って順位をあげること。ラフに走ってみる。

day5.jpg
S-1 4:17 +1
こぶ、湿地、崖と見てアタック。
コンパスが止まらない。疲れのためか距離間が合わない(先まで進めない)ためもたつく。
崖からの高さを見誤りミスする。
1-2 7:07 +1
はやめに傾斜変換まで出て湿地までたどるプラン。
最初の傾斜変換でピークを登れず右へずれる。コンパスの方向と違っていたが、1番でのコンパスの挙動不審が頭にあり、いずれ壁にぶつかるのでそのまま進む。オープンaでかなり右にずれていることに気づき、立ち入り禁止にあてて戻る。湿地を2回渡ったので地図で確認できていれば隣の沢には入らなかった。
2-3 8:19 +1
給水まで出ることしか考えずにほぼノープラン。
これもまっすぐ走れずに下に下ってしまう。b点で気が付き、土崖からアタック。
3-4 3:31 +1
コンパスで岩石地の壁にあてその先のオープンのこぶからアタック。
手前のこぶcにかかってしまい回り込む。
4-5 12:37 +3
湿地の間を走り丘に登ってアタック。
丘までは順調。礫地を発見したのでそこからアタックに入る。
礫地をdだと思っていたが実際はeだったため、その先に尾根が見えず。高さを維持して探したが、かなり手前で合ったため、最後まで我慢できずに上る。上で位置を確認して到達。
尾根が見えなかった時点で北方向に進み打合せ上からアタックしなければいけない。
5-6 2:34 
壁までやや左側に向けて走り、岩を確認してアタック。
問題なし。
6-7 8:50
湿地を切り、尾根の先端を通って、オープンのピークからアタック。
斜面を登り切れず一本北の道へ出てしまう。そのまま道をたどるルートに変更する。
7-8 3:41
オープンのピークをたどって道まで出てこぶ、オープンの尾根とつないでアタック。
問題なし。
8-9 2:43
最終的に沢に降りればいいのでまっすぐ藪に向けて進む。
道で左側にオープンが見え人の流れができていたので利用する。
9-10 0:42
10-G 1:02
T 55:23

それほど大きなミスはなかったものの、雑になるとどんどん遅くなる。結果ステージ的には100位と最悪の成績であった。頑張って走ったので体感としてはこんなに悪いと思わなかった。平らな分彼らは速く走れ、速度も相対的に遅くなっていたというのもあるが、一番の原因は5日間走る体力がなかったということだろう。3日目の後半から疲れの蓄積を感じていた。のぼりを避けたイメージがないのに避けてしまう。距離を進まないままアタックしてしまうなどである。

改めて思ったのはラインを取らずにまっすぐ進み進んだ先でリロケートしてアタックというのは結果速くない。常に先を意識しどこに行くかをイメージして走らなければタイムはでないということだ。
次来るときは5日間走れる体力をつけ(ロードでは付かない)、プランの練習を十分してくる必要がある。

疲れた。でも楽しかった。
posted by べん at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする