楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2019年02月06日

全日本スプリント問題について

JOAからリリースされている「2018 年全日本スプリントの運営状況の問題とその背景について」に関して個人的な意見を述べます。

 フライングの件に関しては実際にその場にいたわけではないのでSNS等での発言は避けて来ました。一方で、競技規則の問題点を検討したり、他の競技のルールを参照したり、香港のEAクリニックに参加して、IOFの講師の方に意見をうかがったりして、イベントアドバイザーのメーリングリストでは意見を述べさせていただきましたが、ほとんど顧みられなかったようでとても残念に思っています。組織見解も出ましたのでもう外に向けての意見を言っていいだろうと思います。

 まず、フライングの件に関して述べます。
 この件の運営者の判断は、日本の競技規則にのっとって判断すれば妥当でないとは言えないと思います。一方で競技規則は選手を罰するためにあるのではなく、競技を律して公正さを維持するためにあるのであります。 その観点からすると、この規則違反によって当競技者は特段の利益を受けているわけではなく、他の競技者へ影響をおよぼしているわけではないので、失格は厳しすぎるといえます。
 とはいえ、国際規則でも、日本の規則でも、裁定委員の決定は最終であるという規定がありますので、この件に関してはこれで終了とする以外はないと考えます。
 ただ、そのうえで次の対応を考える必要があります。
 日本の競技規則は、国際規則とくらべると、競技者により厳しいものとなっています。
今回の失格の根拠となりうるのは以下の2項です。
競技規則18.1 競技者は、スタートラインより指定された時刻にスタートする。
競技規則26.1 競技規則に違反した競技者は失格となる。
実はこの2項ともにIOF規則には存在しません。26.1にあたるものはあるのですが、その内容は即失格でなくて、失格となる可能性があるというにとどまっています。
 これについては、競技の公正さや、他の競技者に与える影響、今後の協議の継続(環境面を含めて)などを考えて判断されるべきものだと推察されます。この自由度があるので、セカンドオピニオンとして裁定委員会が機能する余地があるのです。国際大会でも場合によってそんなのOKなの?と思われる裁定が出たりもします。(もちろん当該選手を含む選手側に立ってという裁定になっています。)
裁定委員会の議論も規則に基づいて行われるものですから、この項は競技規則に競技者の失格判定に対する裁定委員会の議論を縛り、無力化しているといえるかもしれません。
 他の競技の規則を見ても、具体的な行為について即失格と述べているものはあっても、競技規則に違反したら即失格なんて規則は見つけられませんでした。

 今回私が提案させていただいたのは
1. 今回の判断に関しては現競技規則にのっとって判断されたものであり、競技はこのまま成立とする。
2. 国内競技規則と国際競技規則に乖離があり、今回の問題につながったと思われるため該当部分を速やかに変更する。
ということでした。
高校野球の選手のイベント出演による処分にしても、一般感覚からすればおかしいですが、高野連のルールから行けば正しくなってしまいます。おかしなルールは速やかに修正するべきです。

 次に、この文書に述べられている方策について述べます。
 印象としてはこれまで言われていたことを並べただけという感じがします。ですからその実施に関して疑問が残ります。具体的誰が何をいつまでにするかということは決まっているのでしょうか?
 そもそも問題は、主催者が規定されたスケジュール通りに進行させないため、チェック機能としてのイベントアドバイザーが働けないことにあります。解決方法としては規定通りに必要な準備をしてもらう以外にありません。良い大会にしたいという思いは同じでしょうから、そこを丁寧に主催者に説明してやってもらう以外にはないでしょう。必要なのは議論でなくて説明や具体的なアクションではないでしょうか?
 齟齬はあっても実は規則はよくできていて、例えば、運営者にディレクタ資格を持っている人が必要であるという規定があるのも、そこをちゃんとやることの重要性を教育されているからであり、イベントアドバイザーと同じレベルで議論できるからです。
 問題は、いつのまにかディレクタがいなくても運営できるようにしてしまったり、そもそもディレクタ教育も十分してこなかったりしたことにあります。(まあディレクタでなくても運営側にもイベントアドバイザー資格を持つ人がいればいいと思いますが)
 組織としてやるべきことは、規定にのっとって運営を進めることの重要さを説明し、信頼できる運営者やイベントアドバイザーを育てることです。
具体的には、以下を提案します。(ディレクタがなくなるようなので)
1. 公認大会の運営者にはイベントアドバイザー資格を持つ人を必須とする。
2. イベントアドバイザー資格講習を1時的に増やす。
3. 講習内容を大きなイベントを問題なく運営できることに集約する。
4. 3年以内に公認大会を運営した場合には、講習参加者の参加費を返却するなどの特典を与える。
議論はいままでもさんざんしてきたと思います。必要なのは具体的なアクションだと思いますがいかがでしょうか。
posted by べん at 13:39| Comment(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

ちょっと説明を追加します

 調査依頼、提訴、裁定委員会については書き始めていますがその前に。

 前記事において規則について修正を躊躇してはいけないという部分が、規則を作りだすのを推奨していると思われるといけないのでコメントします。また、今回は説明記事でなくて、私の考えを述べる色が強いのでカテゴリはオピニオンで書きます。

 大会で問題が起きたからといっていちいち新しい具体的なルールを加えていくべきだという考えには私は明確に反対します。私が言っているのは、IOFのルールとの間に齟齬があって、それで運営者や裁定委員の判断に問題を生じるなら、IOF規則にそって変えることを躊躇してはいけないという意味です。(もっとも問題なのは26.1ですがそれ以外にも矛盾点はあります。)
 IOFの規則2.3では各国のルールはIOFのものをベースに書くことを推奨されています。もちろん日本の規則もそれに従ったうえで日本に合わせて変えているという意味では、規則に違反しているわけではありません。しかし、今回規則を検討するにあたり、日本のルールを全部読んで、更に国際ルールを読み、其の違いを意識して、EA研修会に臨むのはのはかなりの労力でした。例えば、IOFルールを基本とし、日本でどうしても対応できない部分は注釈で記載するというように規則を書き換えていただくのはダメなのでしょうか。そのほうが誰もが規則を読みやすくなりますし、選手にしてみれば国際大会への対応も容易になります。他のスポーツの規則をいくつか当たりましたが、そういった対応をしている競技が多いように思います。地図委員会がISOM2017に対してJSOMを作成せず、国内の対応を別掲したのは合理的で非常に良いことだと思います。
 
前置きが長くなりましたが、新しい問題に規則追加をもって対応するという考え方に反対するのは次の理由からです。
1.規則が多くなる。:多い規則を読むのは面倒で、みんなに規則を理解してほしいという考えに矛盾する。
2.独自の規則を加えることで、国際規則から乖離し、ガラパゴス化してしまう。
3.事象に対するルールはそのバリエーションに対応できず拡大解釈を生む。
4.裁定委委員の独自性を制限し、その存在価値を低下させる。(裁定委員会の役割については次回延べます)

 問題の事象が日本特有なものであれば別ですが、そうでない場合、規則を追加したいと考えるなら、日本の規則をいじるのではなく、IOFに規則追加を働きかけるべきだと思います。妥当なら議論し、受け入れてもらえるでしょうし、そうでなければそうしない理由を教えてくれるでしょう。
 
 次回記事については年内に頑張ってUPします。

posted by べん at 20:42| Comment(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

加齢変化

  年齢を重ねると同じ運動をしていても、心肺機能に対する負荷は増してくる。
  シニアオリエンティアが若手と同じようなパフォーマンスをするには、日々の(苦しい)トレーニングの継続が必須である。

   私も日々のトレーニングをする事が過負荷になってきて、すっかり週末オリエンテーリング愛好家になってしまった。
   京葉大会ではフィットネスの低さを認識して、それをカバーしようと最大近くで走ったが、その状況で集中したナビができるはずもなく、めちゃくちゃなパフォーマンスに終わってしまった。
  今日の東海セレでは、体力の低下を認識して、技術に集中できるレベルで走ってみた。ほぼノーミスでキロ8分弱。今のフィットネスでは十分満足できるパフォーマンスだ。毎日の苦しい(と感じられる)レベルのトレーニングをやらなければこれ以上キロタイムを期待したり、維持することは難しいだろう。
  大会開催用の年齢による衰えを考慮したクラスの速度レベルのレーティングはよくできていると改めて感じる。生涯スポーツとして成立させるためにはこれは重要だ。

  そうした加齢変化に抗うだけのトレーニングをしていない競技者は、年齢の若いクラスに出るべきでないと思う。体力レベルにあったクラスでパフォーマンスの出来を求めるのがあるべき姿かなと。もちろん、個人で求める楽しみは違うのでそうでなければいけないということではないけれど。

  さて男子の50代はフィットネス的には女子の21レベルよりは低いはずなので、女子選手はしっかり中級技術を身につけてこのくらいのタイムは出して欲しい。それは苦しいフィジカルトレーニングをしなくても可能だからだ。
  ある程度の体力があれば、インカレのメダルレベルはそれで十分可能だ。程度の差はあれそれは男子でも変わらない。

  ただ世界で戦うのは全く別だ。中級レベル技術をしっかり身につけた上で、経験による技術の付加、苦しいトレーニングの継続は必須だ。

  大体はやっても前の2つで終わる。それがここのところの世界での日本選手の位置だ。

  いい年なのにエリートの巡航速度105を切ったり、MTBで活躍している選手のトレーニング量や内容をしっかり認識して評価しよう。35才過ぎてその位置にいる事を過少評価してはいけない。     

  若い選手がその努力を今できるなら、きっともっと高い所にいけるし、それ以外にはない。

  
  

posted by べん at 23:25| Comment(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする