楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2021年01月06日

走りながらの地図読みができないという方へ

走りながら地図を読めない原因を上げてみると以下の3点になる。

1. 地図を読むタイミングが悪い
2. 地図を読む目的が明確でない
3. 地図の持ち方が悪い

 地図を読む(見る)目的には@プランをする、A今いる位置を確定する、Bナビゲーションがスムーズに進行していることを確認するということがある。それぞれについて読み方(見方)があるので、これらを分けて考える必要がある。
プランは立ち止まって行う(立ち止まる時間はさまざま)ので基本的には走りながら行う動作ではない。これが遅いのであれば机上でプラン練習を多く行い、できるだけ素早く判断できるようにすべきだ。今いる位置を確定する(リロケーション)にも止まらなければならない。もしこれに時間がかかるなら、リロケーションを行う方法をパターン化することを身に着けよう。リロケーションに時間がかかる場合はプランやナビゲーションのやりかたに問題があることが多いのでそこを修正する必要もある。したがってBの確認動作だけが走りながらの地図読み(見)ということになる。
地図読み(見)とわざわざ書いているのは走りながら行っているのは地図の一部を見て判断しているだけなので読みという言葉に違和感があるためだ。個人的には走りながらの地図読みは存在しないと考えている。走りながら行っているのは地図見だ。
そもそも走りながら地図を読むことは難しい。実は地図を見てあれこれ考えているわけではなく、アドバンスプランを実行している(次のチェックポイントは何かそこでどうするかを決める。)か、現地に出てきた特徴物を地図上で確認しているかどちらかである。前者は確実に行うが、後者は数を打っているだけでいちいち反応しているわけではない。確認できると安心するし、確認できなくても情報に重要性がなければ無視する(見てるだけ)。地図と重要な違いがあったときのみ反応する(地図読みに入る)のである。ここで大事なのは地図を見たときにすぐに自分の進行方向の情報が目に入るようにすることである。サムリーディングの目的は現在位置を把握することではなく、地図を見たときに必要な場所をすぐにみられるようにするためなのだ。常に進行方向が前方になるように地図を持っていて正置できていることも必要なので、効率的にうまくなりたいなら地図の持ち替え練習はかならずやるべきだ。
 練習として地図読み走を行っている選手もいるが、やり方には注意が必要だ。地図の持ち替え、机上のプラン練習を行った上で実施したい。
やり方としては止まってレッグのプランを読みきり(この時間はできるだけ短くする。机上ではルートを検討する練習を行い、地図読み走では早く決定する練習をする。)、すぐレーススピードにあげ、走りながら地図を見て次のチェックポイントとそこでの動作を決めるという手続きを練習するのだ。現地から地図に落とすという作業は不可能なのでアドバンスプランの間に地図のその部分を空見する(頻回にマップコンタクトする練習)という動作を入れてもいい。地図は瞬間的に見てすぐに目を離すことを心掛ける。レース中に地図を見る回数は多いが見ている時間は非常に少ないことを意識しよう。レースの中では両手で減速し地図を把持しながら進む場面もあるが、ほとんどはコントロールアタックで行われる動作であり、現地との照合が必須なのでエア練習にはそぐわない。

レースやテレインでの練習で注意することしてはチェックポイントで立ち止まらないようにすることだ。言い換えればチェックポイントでは地図を読むな(見るな)ということである。チェックポイントはプランを区切る点であって、ナビゲーションを切る場所ではない。  
例えば現在のアドバンスプランが《道に出てその道を右手に進む》ということであれば道にでて右に曲がってから次のアドバンスプランニングを行う(地図を見る)癖をつけよう。立ち止まる癖がついてしまうとアドバンスプランニングや地図の持ち替え動作がいつまでたっても上達しない。チェックポイントについたら直ちに次の動作(アドバンスプランニングしたもの)を行い、同時に地図を持ち替える。そして親指の先の地図を読み次のアドバンスプランを行う。こうした手続きを繰り返すと良い。
posted by べん at 14:12| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

クラブ指導

現在JOAのスポーツ指導者カリキュラム改定のWGに参加して、日本スポーツ協会のコーチ資格を設けるための準備をしています。
専門科目のカリキュラム作成をこれから行うのですが、私は代表チーム、都道府県チーム、個人のコーチの経験はあるもののいわゆるクラブチームの指導経験がありません。そこでカリキュラム作成を行いながら、実際にクラブチームの指導を経験したいと思っております。

 以下の条件で受け入れ可能であれば是非ご応募ください。

対象:CC7、インカレ、インターハイ等の大会に目標をもって準備していきたい地域クラブ、または学生クラブ
期間:2020年度中(応相談)
指導頻度:月2回以上(応相談、日祝日、水曜)
指導到達目標:オリエンテーリングに必要な技術の習得
(集団を技術レベル2から5まで引き上げる。いわゆるエリート選手が対象ではありません。)
場所:都内及び近県

申請可能なクラブ
目標とする大会にコミットして練習を行うことができる。
大会参加以外に週1回以上共同での練習がある。
対象者が週3回以上継続的なトレーニングを実施できる。
練習場所の近くに公園地図と街地図を持つ(これから作成でも構いません)

※指導頻度の関係でメインコーチでなく、サブコーチの扱いでお願いします。
※内容資料、地図、機材の準備はクラブ側で行ってください。
※交通費等の経費はご負担ください。

応募締め切り 1月12日(日)
応募先 yoshitut◆gmail.com ◆は@
    サブジェクトは「コーチ申請」としてください
申し込み記載事項:
1. 代表者名および連絡先
2. 対象人数(クラブの人数でなく実際に練習をしようとするチームの人数)
3. 練習場所(最寄り駅・駅からの距離)
3.現状の典型的な練習内容(1週間もしくは2週間の内容)
4.クラブ(チーム)としての目標
5.コーチングを受けたい理由

応募されたクラブには1月中にお返事をいたします。応募内容から数クラブに絞り、実際にお話をさせていただいたうえで最終的に指導クラブを決定したいと思います。
posted by べん at 23:41| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

女子練

この週末、稲毛選手プレゼンツの女子向け練習会で、テレインインターバルの経験をしてもらいました。
この練習では、高速のナビゲーションを経験してもらう、プランと正置手続きの重要性を確認するなどの要素に加えフィジカル的には乳酸の代謝トレーニングという側面があります。

 今回は様々な体力の選手に対し、集団で行ったので、テレイン走力がない選手には負荷の高すぎるものとなり、また、一生懸命ついていくために、力が入った効率の悪い走り方になってしまいました。そういった選手は十分なレストもとれなかったので、インターバルになっていませんでしたね。乳酸の代謝トレーニングにはなってなかったと思います。
 正しい負荷で実施するには走力によって適度にグループ分けするか、個人で行ってください。反復回数ももっと多いので、自然とスピードも抑えたものになるでしょう。

 何人かの選手からレースでは後半で疲れてしまってペースが落ちるのでどうしたらよいかという質問を受けましたが、原因としては、レース速度が速すぎる、乳酸代謝能力が劣るということが考えられますし、もう一つは走り方が非効率的であるという可能性があります。前者は適度な速度でインターバル練習を行うと効果があがるでしょう。また、後者や初級者はゆっくり長くテレインを走り続ける練習のほうがベターだと思います。方法としては、コントロールを太い道の分岐など明確な特徴物に設定し(別にフラグは必要ない)、ゆっくりでいいので長い距離を止まらずにできるだけ森を選んで走るといったトレーニングが考えられます。

 百式はいいトレーニングになると思いますよ。走り続けることが目的なので、トレーニング目的ならコントロールは探さずにペナも許容しましょう。

 鍛錬期2日間のトレーニングなら、初日をインターバル、マススタート(もしくは技術練習)、2日目をロングランといった練習プログラムを立てることができます。ロングランは多少筋疲労があっても対応できますのでこの並びなら、連続2日の合宿でできます。

 ランニング練習でもJOGやスピード練習を織り交ぜるように、テレインでも速度を変えて走ることで、様々な能力を身に着けることができます。いろいろ工夫してみてください
posted by べん at 12:59| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする