楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2015年02月12日

競技オリエンティアの玄関

単なる妄想ですが。
玄関に何が置いてあるか?

  地図とコンパス。これはトレーニングのときに必ず持っていくように。汚れた靴。これは汚れを気にせず、あえて汚いところを走れるように。汚れもの入れのバケツ。カッパ、タオル。玄関周りの掃除道具もいるかな。

  うーん。あまり訪問したくない家だな。
posted by べん at 08:46| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

トレーニング内容を評価しよう

今日は模擬地図とコンパスを持って公園に走りに行ってみました。image-14d97.jpg
公園の広場で地図とコンパスを見ながらあっちへ行ったりこっちへいったり。15分程。帰りは最後にウインドスプリントを3本。ストレッチをいれて40分くらい。
さて、これにオリエンテーリングの要素がどれだけ含まれていたか点数を付けてみよう。
マップコンタクト1点、コンパスコンタクト1点、不整地ラン1点、白筋への刺激1点、ランニング1点
計5点。
例えば90分のlsdをロードでやったとするとランニングと持久力の2点かな。
どちらがあなたにとってお得な
練習でしょう?


posted by べん at 12:07| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

ナビ練習

もっとも安全に、効率的に、速くナビゲーションを行うには。

常に15-20秒後に行うことがわかっていなければいけない。
そのためには
マップコンタクト、コンパスコンタクト、現地コンタクトを頻回にやりながら走らなければならない。
そのためには、
毎日地図を持ってテレインを走るのが一番だ。
そんなことはできない。
ここで終わるなら先を目指すのはやめた方がいい。

何ならできるかを考えることからトップへの道が始まる。
地図を頻回に見ながら走れるためには何が必要か?
常に地図上の適当な場所に目が行き、地図の方向が進行方向と一致させる必要がある。
何をすればそれができるのか?
正置練習用マップ.jpg
 このような地図とコンパスを持ってジョギングし、5秒に1回黒のライン上を指を進める。その時に必ずコンパスの針を見る。線の方向が変わるときは地図を持ち変える。
これはトレーニングの例である。参考にするのはいいが、あとは自分で考えることだ。走る場所、走り方それにより得られるものは変わる。今の問題点はそれぞれだ。

 調子が悪くて、気分が乗らない。10分走ってもトレーニングにはならないよと出かけなければ一歩も進まないが、10分でも上記のように走れば確実にナビのスキルは上がる。

 朝のジョグのときに地図とコンパスを持つか持たないか?それだけでも大きな違いがあるのだ。なぜそれをやるのか自分でわかっていることでさらに効果があがる。だから自分で考えるんだ。

 人に言われたことをやるのと、自分で決めたことをやるのとどっちが自分のためになるのか?

 ただトレーニングしているだけでは強くはなれない。そのトレーニングは何を目的に行っているのか、そのトレーニングの結果何が得られるのか。ノートに書いてからドアを開けて走りに行こう。


posted by べん at 11:30| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする