楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2021年09月29日

EOC2021ノックアウトスプリントを視聴しよう

 コーチ移行講習の為に必要にせまられてヨーロッパ選手権のノックアウトスプントを視聴したのだが、初めてオリエンテーリングのテレビ中継を面白いと思えたし、オリンピックでの種目採用も夢ではないと感じた。オリエンテーリング選手はもちろん、運営者にもぜひ視聴していただきたいと思う。2時間にわたる中継ではあるが決して長くは感じない。
2000年のライプニッツ協定以来、オリエンテーリングを『見て面白いスポーツ』にするという試みが継続してなされてきた。コースのアリーナ通過や、GPS表示、ライブリザルト、ドローンの利用、TVクルーの導入、スプリント、スプリントリレーそしてノックアウトスプリントなど新フォーマットの開始などである。
 しかしながら、今までの中継を見る範囲ではオリエンテーリング経験者が面白がる範囲を超えていなかった。
 見てて面白くない原因の一つはインターバルスタートにある。ジャンプ競技や跳躍・投擲競技、体操やフィギアスケートなども同様に個人が別々に試技を行うと点では似ているが、前者では個人の競技時間が短い、後者では内容が多彩という利点があるにも関わらず、オリエンテーリングでは延々と森(街)の中を走るだけで変化がない。しかも同時に複数の競技者が競技しているため、注意の集中も難しい。
 スプリント種目になって競技時間が短くなった。街や公園で行われることでTVでカバーできる範囲も広くなった。TVカメラとGPSによって競技内容の把握は容易になった。しかし、十分に競技を追う為には、ライブリザルトやGPSトラッキング、TV中継を併用せざる負えなかった。しかもGPSは位置が飛ぶことが多く、ストレスがたまる。これでは一般の視聴者に訴えるのは容易ではない。

 インターバルスタートの問題の一つの解決策がスプリントリレーであった。同時スタートで競技の様子が一目瞭然となる。しかしこの競技でも問題がある。スプリントリレーではある程度の人数が同時に走る。世界選手権などのスプリント・スプリントリレーの地図を比較すると明確であるが、衝突(選手同士、一般客)を防ぐためにコースは単調になりがちであり、ルートチョイスの妙を表現しきれない。結果走っている姿を延々と見ることになる。国の競技力の差も大きく中盤で勝者が絞られてしまえば興味は一挙に減退する。
 そこで出てきたのがこのノックアウトスプリントである。この競技の実施には大きな抵抗があったのは容易に想像できる。オリエンテーリングの公正性の柱である同じコースを走る(オリエンテーリングに限るわけではないけど)という前提を取り去ってしまったからである。ルートチョイスだけでなく、コースチョイスを含めて競技として解釈した。そのことにより、複数の選手による同時レース、オリエンテーリング魅力である選択の面白さの表現、観客の競技中継への参加を同時に実現してしまったのである。

 ノックアウトスプリントを簡単に解説しよう。まず予選が行われる。これは通常のスプリント(ウイニングは8-10分)の予選と考えてよい。EOCでは予選通過者は36名、これが6ヒートに分けられ、各ヒート上位3人が準決勝に進む、準決勝から上位2人が決勝に進む。準々決勝から準決勝までの時間は55分、準決勝から決勝までは20分である。
 競技時間は長くて8分なので、延々と消化試合を見させられることは無い。
さて、中継である。中継は準決勝から始まる。コースの紹介から始まる。ここで選択コースの有利不利や、ルートの優劣の解説がある。ここで視聴者はどの選手がどのコースを選ぶかという興味が掻き立てられる。男子・女子が同じコースであることもポイント。同じコースを繰り返し見る事で視聴者のスキルがあがり、選手の動きへの興味が増す。
 スタートは一斉である。同時に6人の選手の顔が見れるので選手への認知度があがり、お気に入りの選手をつくる機会になる(見比べは大事)。
 TVのカバー範囲も広い。常に選手を追っているため、あきがこない。
 コースも秀逸。ルート選択によってちゃんと順位が入れ替わる。決勝はフォーキングがないにも関わらずだ!
準決勝と決勝の間は20分開ける事になっているのだが、男女を順番に行っている事で中継には実質的に空きがなくなる。

ああよくできてるな〜と思う。リアルタイムで見なくても番組として十分面白い。
画面のわきにルートを示した地図を出してほしいとか例えば複数のルートの方向を画面の地面に矢印表示できないかなとかまだまだ改善できそうである。

とにかく見てほしいし、オリエンテーリングをやってない人にも見せてほしい。そして感想が聞きたい。

https://orienteering.sport/event/2021-world-cup-round-1-and-european-championships/ko-sprint/

iいつまで見られるかわからないのでお早めに
posted by べん at 16:46| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

等高線メインのプラン(キューブプラン)と等高線サブのプラン(フリッププラン)

※キューブプランとフリッププランは造語です。どこかから引いてきたものではありませんのであしからず。

ナビゲーションを行っているとき、目の前の景色は刻々と入れ替わっていきます。でも頭の中のイメージはどうでしょうか?
最近ナビゲーションの画像をよく見かけますが、地形情報で走っている場合の画面で物足りなさを感じます。画像は事実なので実際そのとおりみえているのでしょうが、自分が走っている時に見ているものとは全く違うものです。実際ナビゲーションを行っている際のイメージでは今見えていない先の尾根が見えている場合もあるし画角も適宜変化してます。3次元キューブの中に自分がいるというような4次元のイメージ画像ができていて、その中にカメラの画面がはまっている感じでしょうか?   
一方で等高線以外の特徴物を使ったナビゲーションやスプリント画像ではあまり違和感がありません。実際のナビゲーションの時も画角はほぼ一定で、画面を切り替えて進んでいるからです。
そこで等高線主体のナビゲーションと等高線サブのナビゲーションは全くの別物として考えてみました。
等高線の情報はイメージなので、選手が頭に浮かべる画面(次のコントロールまでの立体情報を持ったキューブのようなもの)は一つです。コンパスと併用しながらその場その場で角度を変えてみたり、画面のサイズを変えたりして進みます。例えば尾根をつないだりコンタリングを行うような場面でもこのキューブを傾けたりイメージする範囲を広げたりして対応します。一塊の情報を加工して使っていきます。一方で様々な線状特徴物をつなぐというプランの場合情報はその特徴物に特化して平面的になります。フリップ芸のフリップのようなもの(紙芝居といいたいですが若い方にはピンとこなさそうなので)と考えてよいと思います。それらを乗り換えるたびに画面の方向を変えなければならず、画面情報を入れ替えるので情報処理が煩雑になります。今の道を走っている限り、次の道のイメージすることは難しくなります。
図1.jpg
図3.jpg図4.jpg

どちらの方式もできないと困るのですが、どちらも可能である場合には等高線メインのナビゲーションを選択すべきでしょう。地図の持ち替えも少なく切り替え動作も限定的になるので走りながらのナビゲーションが格段に容易になります。
 ロングレッグでは一般的にはこのイメージキューブとフリップをいくつか組み込んでいくことなるでしょう。

オリエンテーリングを早く上達させたいのであれば見通しの良いテレインで地形を使ったナビゲーションをやらせてしまうのが良いと思います。道をつかっても慣れるまではミスをするのですから、さっさと効率の良いやり方を覚えてしまうべきです。北欧のテレインは見通しがきき、地形以外の線状特徴物が乏しいため、情報を立体キューブ化して画面を切り替えず進むというナビゲーションを早くに身につけやすいんだと思います。
情報をキューブ化して空間を走る練習は公園でできますね。公園でそれを練習し、見通しの良いフォレストで地形を使って練習し、見通しの悪い森へと進むのが上達の早道だと思います。この順でやっておくと道をたどる際にも道を走るという平面的な情報に等高線情報を加えて細長いキューブを作成することでフリップナビゲーションも上達しやすくなります。
posted by べん at 16:53| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

オリエンティアは未来を走る?

熟達オリエンティアは未来を走るって話。
いまいちピンとこない人は多いと思います。実際には未来と現在を同時に処理しているということを同一人格で説明するのは難しいとので、いっそ人格を分けちゃえばわかりやすいんじゃないかと思いつきました。するとプランニングとナビゲーションを説明するのにも便利だと気が付いたので書いてみることにしました。
 この2つの人格。例えていうとベンチャーの社長とその秘書、または推理小説に出てくくる天才探偵とその助手(もしくは刑事)になります。ミステリー好きの私としては後者で説明させていただき、この人格をアケチさんとコバヤシ君とよびます。
 アケチさんは、未来を予測し、きっとこうなるからこうしろとコバヤシ君に指示をします。時には自分でぐいぐい進んでコバヤシ君を困らせます。指示しただけであとはのんびりカフェでお茶を飲んでいるかもしれません。コバヤシ君はアケチさんの指示を確認しながら汗をかいて証拠を集め、事件の真相に迫っていきます。ときにはうまくいかなくてアケチさんの指示を仰いだり、何気ない一言でアケチさんに気づきを与えたりします。アケチさんが名探偵なら、指示はほぼばっちりだし、コバヤシ君は着実に事件を解決していきます(コントロールがどんどん現れる)が、そうでなければ捜査が行き詰まったり(巡航速度が落ちたり)、容疑者を間違えて追ったりします(ツボる)。有能なコバヤシ君は、身を粉にして働きますし、アケチさんの指示を自分なりに解釈し、細かいことでアケチさんの指示を仰いだりしません。でもアケチさんの指示と大きくことなりそうなときは速やかに報告をします。
 アケチさんの指示はあまり具体的ではいけません。コバヤシ君を信用してある程度自由度を設けてあります。そうしないと捜査は簡単に行き詰まり、毎回アケチさんの指示を仰ぐことにもなりかねません。

 もうちょっとオリエンテーリングに寄り添って書きますね。
 アケチさんはプランニングを行います。次のコントロールまでのプランを立てることはもちろんですが、コバヤシ君からチェックポイントの確認(到達ではない)の報告があれば、即座に次のチェックポイントで行うべきことを考え指示します(アドバンスプランニング=先読み)。リロケート時の方針を立てることも彼の仕事です。主に地図の情報からの判断を担っています。プランは非常にシンプルかつ明快です(シンプリファイ)。そうでないとコバヤシ君の動きを大きく制限してしまします。コバヤシ君から現場の状況に大きな齟齬がある報告が上がったときには方針の変更を指示するでしょう。(リロケート)
 コバヤシ君はアケチさんの指示を忠実に素早く実行し、アケチさんの指示通りに進んでいるかの確認をします。主に現地から地図に落とす作業を担当します。アケチさんの指示にないことが生じたときは現場で瞬時に確認(見えたものを地図で確認)、もしくは些細な事で瞬時に判断不能ならば無視をして継続します。大きな問題を発見したら捜査を中止し(立ち止まる)、アケチさんの判断を待ち、新たな指示に従います。
彼は考えるという動作を行いません。彼の美徳は現場での判断の速さと情報の取捨選択能力です。速く実行するにはフィジカルも強くなければいけませんし、判断の基準となる行動もしっかりルーチン化されている必要があります。(地図の持ち替えとか、サムリーディングとか、歩測の自動化とかがこれにあたる)
 実際の競技中は、アケチさんの影をコバヤシ君が追いかけていくことになります。アケチさんはコバヤシ君が走り続けられるよう、的確に指示を送り続ける必要があります。指示が遅れれば、アケチさんとコバヤシ君の距離は詰まり、走行速度が落ちます。指示が細かければコバヤシ君は確認動作に時間がかかり、やはり走行速度が落ちます。コバヤシ君はアケチさんの指示がこなせる範囲で最大に速度を上げられるようトレーニングする必要があります。難しい場所ではアケチさんとコバヤシ君の距離は狭まり、簡単な場所では離れるでしょう。オリエンテーリングにおけるゾーン状態は、アケチさんとコバヤシ君の距離が常に一定の範囲にいるということです。
 巡航速度が速く、ミスの少ないオリエンティアはこの2つの人格が行うことを無意識に分けていると考えられます。アケチさんが活動している状況でナビゲーションを行えば速く走れないかナビゲーションに集中できずにミスをすることになります。コバヤシ君がちゃんと活動しているときにアケチ君が口をはさめばコバヤシ君を不安にさせ、その判断を誤らせます。
 なかなかミスが減らない、巡航速度が上がらない方は同時に働かせないことを意識してみるのはいかがでしょうか?また自分のなかのアケチさんとコバヤシ君の熟練度の違いが分かればトレーニングのプランもかわってくるかと思います。
posted by べん at 19:24| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする