楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2019年03月18日

競技情報の管理とライプニッツ宣言

先日のインカレでは観客を楽しませるための新しい試みがなされていました。まだまだ改善の余地があるでしょうが、頑張ってもらって、見ても楽しいオリエンテーリングになると良いなと思います。
 一方で、競技の公正さや情報の管理と面白いイベントの両立は特にオリエンテーリングにおいては難しい課題です。そこで、情報をどこまで管理すべきなのかについてまとめておきたいと思います。

 オリエンテーリングをもっと多くの地域に広めよう、オリンピック競技に加えようという目的の元、2000年にライプニッツ宣言が出されました。この中で、競技者やオフィシャルだけでなく、メディアや観客、スポンサーや外部パートナーにも魅力的で面白いイベントを開催すること、IOFイベントをテレビやインターネットなどで魅力的なものに変えていくという試みがなされるようになりました。
日本では知っている人が少ないですが、この宣言の影響は大きく、その後オリエンテーリングは大きく変わってきました。スプリント競技やスプリントリレーなどはそのために作られたイベントであったといってもいいでしょう。

 当然IOF競技規則にも影響していて、コース設定においては
16.1.IOFコースプランニングの原則(附則2)と種目原則(附則6)、ライプニッツ宣言(附則5)に従わなければならない。
となっています。

 競技の本質であるコース作成において競技の本質とは言えないライプニッツ宣言が肩を並べています。この要素が入るか入らないかは実はイベント開催時に大きな違いが生まれます。日本ではこのライプニッツ宣言にあまり関心がもたれていなかったため、以前の競技最重視のルールがそのまま規則(習慣)として残り、特に国際大会に近いと思われる主要な大会において、競技者以外を楽しませるイベントの導入が難しくなっています。
 話を具体的なところに戻しましょう。以前は、外部から競技中の選手への情報が流れることについてかなり厳しい制限が加えられていました。実況中継は選手に聞こえるからだめだとか、応援の際に指示が入ったからそのチームは失格にすべきだとかそういったことが普通に言われてきました。しかし、現在ではこれらのことは全くナンセンスと考えられています。観客と競技者の間が狭まり、厳密な管理が不可能となったため、逆に情報についての扱いが、柔軟にかつクリアになりました。
 一つの例としてWOCでのリレーの裁定があります。最終ランナーが最終コントロールを飛ばしてフィニッシュしそうになったときにチームメイトから声がかかり、戻ってパンチしました。この件については申し立てがあり、提訴まで行きましたが最終的には記録が認められています。彼らが許可されたエリアにいる限り、観客からの声援となんら変わることは無く、声をかけることは違反ではないという解釈がなされたのです。(日本の規則が適応されると失格になるかもしれません。)
 規則を見る限り、現在厳密に情報が管理されるのはコースにおいてのみです。隔離がなされるのもコースの情報の管理が主な目的となります。(隔離が規則で述べられているのはWOC、JWOC、Wcupのみでこれらの大会ではTV、インターネット中継が原則。)よって、地図やコースを出して解説したりすることがないのであれば、地図回収をちゃんとすれば、隔離そのものも必要ではなくなります。そうでないのに選手を長時間隔離するのは意味がありません。選手がかわいそうですし、運営負荷も大きくなります。(もちろん役員も施設も十分あるのであれば、特別感を演出する意味で、採用もあり得るでしょう。)
 選手が前の選手のウイニングを知ってはいけないという理由で、速報表示をしないなどの対応がおこなわれる場合がありますが、そもそもタイムを見たからと言って必ずしも有利になるわけではないし、ライプニッツ宣言からすれば観客が速報を見ることはイベントを楽しむための一つの手段ですから、速報は順次出されるべきだと思います。
 周囲からの情報も併走する選手も、突然の雨も、すべて競技者を試す予測不可能な事項と考えて対応すれば、もっとイベントは行いやすくなるし、運営負荷も減ると思います。

 最後に規則内の情報関連の条文を上げておきます。
国際規則
24.1.暫定的な結果は競技の間中、フィニッシュ地点や、集合地点でアナウンスされ、掲示されなければならない。
WOC、JWOC,wCUP22.16.主催者は、スタート前の選手がコースについての情報を得ることを防ぐために隔離ゾーンを設けることができる。主催者は。選手およびチーム・オフィシャルが隔離ゾーンの中にいなければならない時間を定める。主催者は、隔離ゾーンで待つ選手のための適切な便宜(トイレ・給水・雨除け等)を提供しなければならない。選手またはチーム・オフィシャルが締切時間以降に隔離ゾーンに入ろうとした場合は、入場を拒否してもよい。競技者およびチーム・オフィシャルが隔離ゾーンで通信機器を使うことは許されない。
26.2.事故の場合を除いて、競技中に他の競走者から助力を得たり、他の競技者を助けたりすることを、禁じる。負傷した競走者を助けることは、すべての競技者の義務である。
26.4.開催地が公開されるまでは、すべての役員は、競技エリアおよびテレインについて厳密に秘密を維持しなければならない。コースについては厳密に秘密を維持しなければならない。
26.5.競技テレインの調査や練習することを試みてはならない。競技の前または競技中に、主催者が提供する以上にコースに関する情報を手に入れることを試みてはならない。
26.7.チーム・オフィシャル、競技者、メディア取材者および観客人は、許可されたエリアの外に出てはいけない。

競技規則
20.6競技進行中、成績の速報は、順次掲示する。
22.4.テレインの位置を公表しない場合、すべての運営者は、大会区域とテレインを厳重に秘密にしておかなくてはならない。大会の場所を知ろうとする試みは禁止する。*もはや意味のない。昔の名残か?
22.6いかなる競技者も、不公正な手段により他の競技者より有利な立場に立とうとしたり、走あるいは方向決定に助力を得たりしてはならない。
23.7競技の行われている間、競技に関係する人はそれぞれ指示された場所に留まり、他の競技者に影響を与える行為をしてはならない。*ここもたぶん昔の名残。
posted by べん at 15:56| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

穴や小凹地のコントロールのフラグはどこに置く?

コース設定の原則で述べられているコントロール位置とフラグの置き方の条件について確認してみます。
1. コントロールの周辺は地図に正しく描かれていなければいけない。
2. コントロールにアプローチする可能性のある場所すべてからの方角と距離が正しくなければならない。
3. 地図上に補助となるような他の特徴物がなければ、すぐ近くによらなければ見つけられないような小さな特徴物にコントロールを置いてはならない。
4. さまざまな方向からくる競技者のコントロールフラグの見え方の差が地図上や位置説明で読み取れない場所にコントロールを置いてはならない。
5. その特徴物(及び位置説明)に到達して初めて視認できるように置く。
6. そこに他の競技者がいようといまいとその見え方に差がない。
7. フラグは隠してはいけない。(コントロールに到達してからフラグを探すようであってはならない)

1,2に関してはプランナーがしっかり仕事をしなければなりません。調査者がいかに優れていても、すべての特徴物の位置が全く正しいことはありません。コースが出来上がった後にすべてのコントロール位置に行って適切な修正を加えるか、コントロール位置を変更する必要があります。
5,6はas far as possibleに対して、7はon no accountですから、遠くから見えてしまうことを避けるよりも隠さないようにするということが優先されます。北欧などでは地図に表現される地形によりコントロール位置が見えない(地図からそれが判断できる)場合が多いので5はそれほど難しくないですが、日本で5を尊重すると7にひっかかる部分が多々あります。
かといって、5を無視したコースばかり走ってしまうとコントロール付近でのファインなオリエンテーリングを実践しなくなり、海外で全く対応できないということにもなってしまうので、痛しかゆしです。私がコースプランをする場合はレベル5,6のクラスではできるだけ5を尊重するようにはしています。一方でレベル4以下のクラスでは5にはあまりこだわらない用にします。(この辺りがクラスによってコントロールを共用してはいけないというところにもつながります)

さて本題の穴や小凹地のコントロールの置き方ですが、これはケースバイケースになります。以下私見になります。
日本の穴、小凹地は大きさとしては小さいものが多いので、特別大きなものでない限り、周りに何の特徴もない場所にあるものは、コントロール位置として適切ではありません。どうしてもコントロールにしたい場合は5に目をつぶって、ある程度遠くから見えるように置くしかありません。位置はふちなどを使用します。中においてしまうと、多くの場合は地図に表現する限度を超えてアプローチの方向によって見え方が異なってしまいます。藪の中の穴のようにふちにおいてもフラグの見え方に差異が出るようならコントロールにすること自体を避けます。
一方である大きさがあり、穴の中が藪でなくて見え方に差がない(斜面の穴などで上から見にくいのは地図から読み取れるので許容します。)場合は、5を考慮して中に置くのも可能です。

一例をあげます。これは5日の練習会のコントロールです。小さな穴ですが急斜面の上の平らな部分にあり、北に走行困難エリア、東には小さな沢もありますので、地図上では問題なく使用できると思えます。
IMG_2583.jpg
でも実際は経年変化でBはわかりづらく、穴の中も植生が悪く、フラグが良く見えない状況であり、競技者にとってはストレスがたまるコントロールになってしまいました。
 練習会等では、地図は経年変化もあり、事前に確認といっても時間的に難しいので、周りに他の特徴物の無い穴や藪の中の穴は避ける、フラグはふちに置くようにするとしたほうが参加者にストレスのないコースとなるでしょう。
posted by べん at 11:18| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

コントロールの公正な設置について

一昨日、昨日と久しぶりに練習会に参加してきました。容赦なく登らせていただきありがとうございました。
さて、規則の細部も読み込みましたので、人によってちょっと解釈が分かれている(ような気がする)コントロールの置き方について覚えがきとしてまとめてみました。

国内の大会では国内ルール使われますが、国内でも国際大会(WREなど)はIOFルールが適応されます。

1.コントロールコード(識別番号)
競技規則:31以上、混同しやすい番号は使ってはならない。(具体的な番号あり)
IOF規則:31以上、混同しやすいばあいで水平方向に表示するばあいは下線を引いて良い間違いを避ける。
2.コントロールの設置
微妙に表現が違いますが、要はその特徴物の位置説明にある場所を見たときすぐ見えるように置くわけです。実施基準ではそのための提案がなされています。
コース設定の原則:
.5.1 コントロール設置位置
地図上に示されたテレイン内の特徴物にコントロールが設置される。競技者は、順番が指定されていればその順番通りに、自分自身でルートを選択して、これらを回ってこなければならない。これには、慎重なコース設計と、公平さの保証を確認することが要求される。
地図上で、コントロール付近の地形が正確に、またありうるすべての方向からのアプローチに対して方向と距離が正しく描写されていることが、特に重要だ。
もし地図上で、他にアプローチの助けになるような特徴物がなければ、コントロールを近距離からしか見えないような小さい特徴物に設置してはならない。
コントロールは、どの方向から来ればコントロール・フラッグが見えやすいかということが、地図またはコントロール位置説明からでは判断できないような場所に設置してはならない
競技規則:
16.3コントロールフラッグは、地図上に示された特徴物に、その特徴物に到達した競技者に見えるように吊す。コントロールフラッグが吊された実際の位置は、コントロール位置説明と合致していなければならない。
IOF規則:
フラッグは、コントロール位置説明にしたがって地図で示した特徴物に取り付けられなければならない。競技者が記された場所を視界に捉えたときに、フラッグも見えるようになっていなければならない。
実施基準:
17.コントロールの設置
地図上に表記されていない木や薮などの蔭、または地図情報から読み取れない位置にコントロールを設置してはならない。

IMG_2580.jpg
*6番は5からまっすぐ入ると太い木の真後ろにあるため、沢の中心を見てもフラグが見えないという点ではもう少し木と距離を置いて設置する良かったと思います。

スプリント競技においては、コントロール周辺でスピードが極端に落ちるような位置はコントロールとして適切でない。
コントロールフラッグをパンチ台に吊るす場合、フラッグが低すぎないように注意するとともに、競技中に倒れたり、地面に沈み込んだりしないようにすることが肝要である。少なくともフラッグの下端が地表面から25cm程度となるように設置する。急斜面や軟弱な地盤においては、コントロールフラッグとパンチ台を分離することが望ましい。
パンチ台を使用しない場合、コントロールフラッグとパンチは別々に吊るす。
コントロールに複数のパンチ台を設置する場合でも、フラッグの設置は一つである。コントロールに複数のパンチ台を設置する場合、競技者の進入・脱出方向を考慮して配置する。
酷暑時などは、勝者の想定スピードで25分ごとに給水所を設けることが望ましい。

3.近接コントロール
IOFの方が表現が強い。また競技規則の後半部はコース設定の原則に記載されているものだが、特徴物が同じではなく、地図の上からも現地で見ても明らかに違う特徴物の場合となっている。
event.All.jpg
*メッツアの大会(プランナーは私)の隣接は沢と穴で特徴物は違うが穴が沢にあるため好ましくなかったです。(実際数名がミスパンチをしている)
競技規則:
16.4.コントロールは30m 以内(縮尺1:5,000または1:4,000では15m以内)に近接して設置すべきでない。さらに特徴物が同じコントロールは60m 以内(縮尺1:5,000または1:4,000では30m以内)に近接すべきでない。
IOF規則:
19.4コントロールは30m以内に隣接して設置してはならない(地図の縮尺が1:5000または1:4000の場合は15m)。コントロール間の距離は直線で測る。(付録2, 3.5.5項参照)
*ワールドランキングイベントのガイドラインでは15mでなく25mになっています。

4.コントロール円の中心
ISOM2017
点状特徴物の場合は、記号の中央とする。線や面状特徴物の場合は、フラグの正確な位置を示す。
ISSOM2007
特徴物のうちの正確な位置を示す。
日本の競技規則ではこの点に言及している(IOFにはない)
13.2.三角と円は、それぞれコントロールとなっている地図上の特徴物を、正確に中心位置とする。中心に印をつけてはならない。
実施基準では
14.コース印刷
コースの地図への表記および地図の印刷は、「地図図式」および「コントロールに関する規則」による。
コントロールを示す円は、コントロールとなっている地図上に表記された特徴物を、正確に中心位置としなければならない。ただし、地図上で実寸表記できない特徴物については、円の中心をその特徴物の記号の重心点に置き、コントロール位置説明表において方位、位置などを示す。

IMG_2579.jpg
*11番は崖の南東の根元であるが、私は植生界の角だと思ってフラグがないのでパスしてしまった。もちろん位置説明を見なかった私も悪いので文句を言っているわけではありません。規則に準じて円の中心を崖に置けばこうした誤認は防ぐことができます。

ここに書いたようなことは一般向けの大会・コースでは問題になるようなことはないであろうが、トップレベルで競技をしている選手にとっては大きな問題となります。

それなりに神経をつかうことであるので、規則の適用を上位の大会・クラスに限定するということはこうした観点からも検討すべきだと考えます。

最後にコース設定の原則の2項を参考にあげておきます。
3.5.3 コントロール・フラッグ
コントロールの器具は、IOF競技会規則に準拠しなければならない。
可能な限りにおいて、コントロール・フラッグは、競技者が記されたコントロールの特徴物に達した時に初めて見えるように、設置されるべきである。公平性のためには、コントロール位置に競技者がいるかいないかにかかわらず、コントロールの見つけやすさは同じであるべきである。決してコントロール・フラッグは隠されるべきでない: 競技者がコントロールに達したときに、フラッグを捜し回らなければならないようであるべきではない。
3.11.3 公平なコントロール設置位置を使う
プランナーは、可能な限り最高のレッグを作ろうとして、不適当なコントロール位置を使ってしまうことがしばしばある。
競技者は、良いレッグと素晴らしいレッグの違いにはほとんど気がつかないが、コントロール位置やフラッグが隠されていたり、曖昧さがあったり、紛らわしいコントロール位置説明などのよって、コントロールで予期しなかったタイム・ロスがあると、ただちに気づくだろう。
posted by べん at 12:01| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする