楽天市場 えきねっと びゅう国内ツアー 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

2018年12月24日

競技規則とはなんぞや

オリエンテーリングの競技規則というと皆さんはどういう感じを受けますか?
難しい、面倒くさい、そんな感じですか?

 競技規則は、オリエンテーリングという競技を守り、発展させるため、またこの競技に関連する競技者、運営者、観客または一般の人を守るため、かつ楽しんでもらうために存在しています。

 オリエンテーリングは多くの競技外の人との接触があり、その時々の気候など状況に影響されやすく、年代もバックグラウンドも異なる人たちが一緒に楽しむという特性をもつため利害相反が生まれやすい競技です。もしそのときに判断の基準が各々違っていたら、どうでしょうか?その状況で良い解決方法を見つけるのは困難です。その時の判断の基準となるものが規則です。規則をもとに討議することで、お互いの合意を形成し、物事をスムーズに進めることができます。

 今回、IOFのイベントアドバイザークリニックに参加してきて、提訴の例をいくつかきいてきましたが、その基本となるのは必ず競技規則です。そのうえで情報を収集し、討議します。一方で、規則を杓子定規に運用するわけではありません。スポーツマンシップにのっとり、重大な違反でない限りは柔軟なルール運用も行います。
 もちろん、それには正解というものはなく、その解決策は全員を100%満足させるものではありません。しかしながら、規則を重視し、討議を尽くしたという過程をつくすことで関係者の納得を得ることができるのです。

 日本で大会をやるごとに(特に公認大会)いろいろな問題が生じるのは、競技規則が何のためにあるのかを知らないで競技規則を扱っているためです。素直に競技規則に従えば問題が生じない部分でも、運営者は、自分たちのやり取り方と違うから、面倒だからと規則に反したことを行うことがあります。しかしそのことで、提訴事項を誘発し、不成立という最悪のシナリオに進むことにもなりかねません。不成立となれば、運営者にとっても参加者にとってもこんな不幸なことはありません。競技者も自分が判断に納得いかないからと、規則にのっとって対応している個人を攻撃するようなことはするべきではありません。運営者も参加者も、少し面倒でも規則を意識して行動することで、競技を安心して楽しむことができるのです。
 そして規則にのっとって行動したときに問題が生じるようならその規則の変更を検討することを躊躇するべきではありません。(日本の競技規則は意図したものかそうでないかはわかりませんがIOFのものと合致していない部分があります。)

 運営をしているとやりたいことがたくさん出てきます(それ自体はとてもいいことで、運営のモチベーションとなり、参加していて楽しい部分でもあります。)。その中で規則通りにやることにエネルギーを使うのは大変かもしれません。しかしながら、不成立を出したり、参加者から多くの不満が出たりすれば、運営者も不幸ですよね。競技規則を守ることはそのための保険だと考えてもいいかもしれません。
 大会で競技規則を遵守することには、教育的側面もあります。競技規則を守らない大会がたくさんあれば、それが規則だと新しい参加者は思ってしまいます。正しい規則が身についていれば(当たり前であれば)それを導入することに面倒くささは考えないでしょう。一度間違った規則が身についてしまうと、それを修正するのを面倒だと思ってしまうのは仕方がないことです。競技規則にのっとった大会を行うのは、新しく仲間になる人たちへの教育でもあります。まともに規則を読む人はそんなにいませんから、これはとても大事なことです。
 もちろん、大会の状況によっては守ることが困難な場合があるでしょう。そうした場合はイベントアドバイザーの許可を得て変えることができます。ただ、このルール逸脱を広報しない大会が多いです。ルール逸脱事項は認められていることで、悪いことでも恥ずかしいことでもありません。ただその場合にはプログラム等で公表するという規定がありますの忘れず広報をお願いします。これも規則を皆さんに理解してもらうという教育的配慮からだと考えられます。

 最後にもう一度いいます。競技規則は皆さんを縛り、罰するためのものではありません。皆さんを守り、問題を事前に防ぎ、関係するひと全員がこの競技を楽しむためにあるものです。

 本来オリエンテーリングは楽しい競技です。年をとっても楽しく続けたいし、多くの人に参加していてもらいたいと思います。そのためにみんなでちょっと面倒くさいことをみんなでクリアしていきましょう。習慣になればちっとも面倒ではありませんよ。

皆様に理解を深めていただくために、このあとしばらくルール解説記事を続けたいと思います。規則を読み込むのは面倒ですからね。次はイベントアドバイザーとは何か。その次は裁定委員会とは何かについて書く予定です。
posted by べん at 06:50| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

女子練

この週末、稲毛選手プレゼンツの女子向け練習会で、テレインインターバルの経験をしてもらいました。
この練習では、高速のナビゲーションを経験してもらう、プランと正置手続きの重要性を確認するなどの要素に加えフィジカル的には乳酸の代謝トレーニングという側面があります。

 今回は様々な体力の選手に対し、集団で行ったので、テレイン走力がない選手には負荷の高すぎるものとなり、また、一生懸命ついていくために、力が入った効率の悪い走り方になってしまいました。そういった選手は十分なレストもとれなかったので、インターバルになっていませんでしたね。乳酸の代謝トレーニングにはなってなかったと思います。
 正しい負荷で実施するには走力によって適度にグループ分けするか、個人で行ってください。反復回数ももっと多いので、自然とスピードも抑えたものになるでしょう。

 何人かの選手からレースでは後半で疲れてしまってペースが落ちるのでどうしたらよいかという質問を受けましたが、原因としては、レース速度が速すぎる、乳酸代謝能力が劣るということが考えられますし、もう一つは走り方が非効率的であるという可能性があります。前者は適度な速度でインターバル練習を行うと効果があがるでしょう。また、後者や初級者はゆっくり長くテレインを走り続ける練習のほうがベターだと思います。方法としては、コントロールを太い道の分岐など明確な特徴物に設定し(別にフラグは必要ない)、ゆっくりでいいので長い距離を止まらずにできるだけ森を選んで走るといったトレーニングが考えられます。

 百式はいいトレーニングになると思いますよ。走り続けることが目的なので、トレーニング目的ならコントロールは探さずにペナも許容しましょう。

 鍛錬期2日間のトレーニングなら、初日をインターバル、マススタート(もしくは技術練習)、2日目をロングランといった練習プログラムを立てることができます。ロングランは多少筋疲労があっても対応できますのでこの並びなら、連続2日の合宿でできます。

 ランニング練習でもJOGやスピード練習を織り交ぜるように、テレインでも速度を変えて走ることで、様々な能力を身に着けることができます。いろいろ工夫してみてください
posted by べん at 12:59| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

どうやったらトレーニング量をふやせるか

 以前選手と話をしいていて、私は月××km走る故障するからセーブしているというような発言を何度か聞くことがありました。私自身20−30代のときでも月300kmくらいが限度で、それを超えると故障したり風邪をひいたりで走れなくなり、余計にトレーニング量が減るということもあったので、もっと頑張ってみたらとは強く言えませんでした。
 一方で走ることが重要な競技のトップ選手でその量は少なすぎる(もちろんクロストレーニングを含めて十分やっているなら別です)のも事実です。
 トレーニングを継続してできるための方法論は調べればたくさんあります。ただ知っていることとやることは全く別の事です。またオリエンティアは日常的に集団でトレーニングする機会が少なく、基本的に頭がいいのでどこかで理由を見つけて適当なところで折り合いをつけがちです。

 そこで今回私が定職についていないのを利用してどうすればある程度の量を継続してトレーニングできるか実験してみようと9月からチャレンジを始めました。
 9月は370km、10月は540km、11月は現在のところ370km(23日に骨折してしまったので今月はこれまでですが)となっています。もちろんこんなに走ったことはいままでありません。鍛錬期で体のベースを作るトレーニング中心です。基本は3日サイクルで、1.短いペース走、2.90分以上のLSD、3.JOGのみで回し、疲労の具合を見ながらスケジュールを調整しています。平日の朝のJOGは欠かさず行います。朝70分程度の時間を確保しますが、走り出すと疲労の状況がわかるので距離はその日によって変えています。

 トレーニングを継続していくために必要と感じたことで、これまでに理解したことを書いてみます。(頭でわかっただけでなく体でちゃんと感じたという意味での理解です)

1. トレーニング、食事、休養の重要性
トレーニングを増やしたらその分、食事と、休養も増やす必要があります。休養については実は10月までは昼も自由時間であったので午前中のJOGのあと横になったりして休む時間をとりました。今は体が慣れてきたので通常必要はありません。運動部が授業中に寝ているのもトレーニング量が急に増えたりした時期には必要なことなんですね。
食事については量もさることながら、とるタイミングや内容に気を付けています。トレーニングしたらエネルギーはなくなり、一部の細胞はこわれるわけですから、適切な補給が必要です。トレーニング終了後、すぐにタンパク質と糖質を補給する。LSDのでは60分を超えたら糖分を補給する、水分はもって走るようにしています。これは明らかに回復を容易にしています。

2. 疲労の種類
疲労については@筋肉の疲労A身体疲労B心理的な疲労と分けて対処するようにしました。
@ 筋肉が動かない感覚です。筋肉に対して強度の高いトレーニングをした場合、1日では回復しません。3日サイクルの主な理由はここにあります。
A 体が本当に疲れで運動を継続するのが困難な状況です。朝のJOGでスピードが上がらない、中盤からむしろ落ちてくるようなら、体の消耗が考えられます。強度の低いトレーニングなら普通は数時間で回復しますがこのような状況になったときは回復が間に合わないので量やプログラムを調節して対応します。
B 厄介なのはこれです。朝起きてすごくだるくて走りたくないことは多々あります。鍛錬期なのでは完全に回復しない状況でトレーニングを続けるわけですのでなおさらです。Aと区別がつきにくいのですが、この場合は走っているうちに体が軽くなります。走る前に辞めるのではなくてとりあえず走ってみることが必要です。

3. 習慣の重要性
トレーニングを続けるためには目的を明確にする必要があるというような話は以前にしました。目標はトレーニングのモチベーションを上げますが、毎回「このためにトレーニングするんだ」と自分を鼓舞するのは容易ではありません。
もっと効果的なのは、習慣にしてしまうことです。この時間はトレーニングをする時間と決めてしまうことです。食事をとる、学校に行く、会社に行くといった行為と同じように毎日の習慣としてトレーニングを組み込むことです。学校に行くのをやれ将来のためだとか、会社に行くのは生活のためだとかいちいち考えていたら大変ですよね。日常的には当たり前のこととして思考のそとに出してしまうことでハードルは低くなります。今当たり前にやっていることに付随させてしまうのも手ですね。
私の場合は朝家族の弁当を作る必要がありますのでその時間と食事の時間の間にJOG時間を設定しました。弁当作りはやらなければいけないことなので朝は必ず起きます。その時刻を前倒ししてそのあとに習慣としてのトレーニングを組み込んでしまったわけです。弁当作りに感謝ですね。

4. 自分の身体と会話する
毎朝のJOGはトレーニングとしての質は高くはありません。しかし、自分の体と会話して、体調を管理する、午後のトレーニングを効果的にするという意味では重要です。朝体温や心拍を測ったりして疲労状況をチェックする方法もありますが、その差は微々たるものだし、同じ運動をして体と会話するほうが容易です。そのためだけにそんなに時間をつかえないというかもしれませんが、少なくとも有酸素能力の維持には効果がありますし、運動慣れしてくれば積極的な疲労回復にもなります。勉強にも使えますよ。(私はこの時間はNHKの語学番組を聞きながら走っています。家にいてもじっとして聞いてはいないので、かえって好都合です。)


 基本的に言い訳しいで、怠けものかつ体の弱い私でもこのくらいはできるのだから、学生さんもちょっとやってみるといかがでしょうか?まずは毎日のJOGを習慣に組み込んで体と会話することから始めてみましょう。

MTBチャンプの羽鳥さんのトレーニング量をただ聞いているだけだと、普通無理だよなと思っていましたが、継続してやっていけば仕事しながらでもできるようになるかなとちょっと思うようになりましたよ。
EASTWINDの田中さんが昔サハラマラソンを走ったときの話で走っていると毎日体力がついてくるんだよなんて話していましたが(記憶違いだったらごめんなさい。)体は変わっていくもので、これもあながち嘘じゃないかなと。

とりあえず骨折しちゃったので、せっかく付けた習慣をどうやって維持するかが喫緊の課題であります。
posted by べん at 20:40| Comment(0) | for ATHLETE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする