2016年05月07日

GW合宿のコース解説

5月4日のJOA合宿で提供したコースの解説をしておきます。
レベル4のコース
4コース解説.jpg
このコースは線状、面状特徴物としての道、植生、大きな地形を理解してそれをたどれる能力を持つ選手を対象としたコース。正置とアタックポイントの設定が適切に行えればまずミスの可能性は少ないコースです。タイムを分けるのはルートのうち安全に速く走れる部分を理解して集中力を切り替えられる力、そしてテレインでの走力そのものです。アタックポイントでしっかり止まれるかも重要です。
これが速い選手は基本がきっちりできているということです。簡単なコースなのにミスをしている選手はプランをちゃんとしていない。(地図上のどんな特徴物を使うべきか考えていない)止まるべきところで止まっていない、地図を正置していない。コンパスを見ていない。といったところでしょうか?
できていてなおかつ遅いというのであれば、判断と走りの遅さです。走りの遅さは走力そのものとためらいによる遅さ、不整地を走り慣れていない遅さがあるでしょう。(後者2つはテレインでのスピードトレーニングによってのみ改善可能です。)
このコースがちゃんと走れればあと今使っている特徴物以外に安心してたどれるもの、ぶつけられるものを増やしていけばいいので確実にのびていけるでしょう。
もちろんエリート選手ははやく走れて当たり前です。

レベル5のコース
5コース解説.jpg
コンパスでの直進はありますが比較的大きな地形的特徴物にぶつけるようになっています。
要はそこをどう見つけてどう速く確実にはいるかが大事になります。コントロール位置も比較的見やすい特徴物かそのそばに設定されているのでアタックポイントの設定は容易です。
このコースが苦手と思う場合はコンタマップなどでの練習を進めます。

レベル6のコース
6コース解説.jpg
目標とする特徴物が小さくなってきており、たどれる地形も分断されています。それを如何に見つけるかがポイントですが、半面地形の読めない選手には歩測とコンパスという手段があり、一概にこのコースのタイムが速いからと言って上級コースで成績がでるとは限りません。たまたま当たるということも往々にしてあります。もちろん外したときの代償も大きいです。このコースが遅い選手はコントロールピッキングやコリドアなどを練習するといいでしょう。
 またこのコースではレッグの特徴を強調しているだけなので実際のコースとは違いずっと同じリズムで走れるという易しさがあります。(ほぼコンパスをたよりに見て走っていることになったのではないでしょうか?)実際のコースはリズムやレッグの長さの変化が入ってきますので、メインとする技術もレッグごとに変わってきます。実際のコースは5のコースのいくつかのコントロールを6の要素が入ったものに変えたものをイメージすればばいいかもしれません。
posted by べん at 23:20| Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

サマチャレ設置終了

 設置完了しました。天気も良く勢子辻は何回入っても面白い。
 O-supportの小泉さんに手伝ってもらったおかげで、余裕をもって慎重に設置できましたのでまず完璧!
 中級者用のコントロールは見やすい位置に上級者用コントロールは特徴物にいってから見えるようになど工夫しています。中級車から上級者向けのいろいろなコースを用意してありますが、80コントロールあるので全部回ればコントロール付近のイメージづくりの特訓もできます。範囲は広くないので上級者なら2−3時間あれば十分でしょう。クラブの合宿などで是非使ってっください。
 それにしても静岡の仮パーマネントフラグキットはよくできています。ストレスなく設置できて軽い。すばらしいです。
 それから今日びっくりしたこと。不明瞭な地形の場所で、地形をしっかりとらえて走るでなく、コンパスで直進するでもなく、コンパスを見ながらコリドア風に方向を変えつつアタックをしている自分に気が付きました。やはり練習したことは着実に身についてきます。これだから練習は楽しい。

posted by べん at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

サマーチャレンジ

夏に向けての準備がたくさんあって、ブログの更新がなく楽しみにしている人がいる(?)なら申し訳ありません。

オリエンテーリングのコースってレッグのつながりです。
中級者から上級者にむかうならレッグの攻略法を知らなければなりません。
レッグ攻略の構造については以下をご覧ください。詳しく知りたい方はお仕事としてご依頼ください。
 端的に行ってしまえばアタックポイントに到達するのはゴルフでグリーンに乗せるようなものでどこに落とすかがアタックポイントの選定になります。そこまではシンプルにボールを運ぶこととフィジカルですね。

 合宿の企画も受けますが、なるべくお金を使わないでとお考えの方は、以下を確認したうえでサマーチャレンジ(監修しています)を利用してその中の弱い部分を改善してみてください。セッション内容としては2泊3日の合宿がカバーできるようになっています。宿だけ取れば合宿ができますよ。お安いです。解説も付けますので、ぜひご利用ください。
オリエンテーリングの基本.pdf
GWのJOA合宿参加の方は先んじて利用できます。

といいつつ明日設置するので公開はもうしばらくお待ちください。静岡県オリエンテーリング協会のリリースにご注目を!!4時起きかな。
posted by べん at 22:01| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする